神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2024年5月3日 エリアトップへ

川崎市健康アプリ 「想定超」の4万7000人 企業活動、口コミで拡大

社会

公開:2024年5月3日

  • X
  • LINE
  • hatena

 健康づくりに励みながら、子どもたちの学校生活を支えてほしいと、川崎市が始めたウオーキングアプリ「かわさきTEKTEK(てくてく)」の登録者が、昨年10月の開始から半年余りで4万7000人を超えた。企業の協力や利用者の口コミも登録を後押し。貯めたポイントに応じて学校に寄付できる「応援金」も予算額に達した。

 アプリは、歩数に応じて付与されたポイントを現金に換算し、市内の小学校や支援学校に「応援金」として寄付し学校生活を支援することが目的。市は登録者数目標を、3年間で市民の1%にあたる1万5000人と掲げたが、開始からわずか半年余りで3倍超の4万7000人に上った。区別では中原区の8045人が最も多く、市外でも3456人が利用。子育て世代を中心に広がりを見せている。

 企業からの協賛金や競馬・競輪の収益金等を財源に、市が予算計上したほぼ全額の1188万9540円が学校に寄付される。その協賛企業も当初の47社から54社に。明治安田生命は同事業に300万円の寄付を実施。市の担当者は「各企業がCSRやSDGsの一環として取り組む中、アプリの周知にも協力的。利用者の口コミも登録者が増えた要因」と話す。

寄付額「熱量で差」

 一方で、子どもたちが使い道を決めた応援金だが、その寄付額には学校によって差も。利用者の92%が寄付先の学校を指定した中で、市内117校のうち58校が目標額に届かなかった。この要因について市は「学校関係者や保護者の熱量の差では」とみる。早くに目標額に達した久本小学校(高津区)は、学校ウェブサイトと見守りメールの他、PTAのメールでも登録を呼び掛け、2月の入学説明会ではチラシを配布。同校教頭は「学校と保護者で協力して取り組んだ結果」と話す。

 市は今年度も約1200万円の予算を計上。担当者は「市制100周年を機に周知を加速させていきたい」としている。

さまざまな機能を備えたアプリ
さまざまな機能を備えたアプリ

使用済み「ろうそく」を回収しています

南部斎苑、北部斎苑に、ろうそく回収ボックスを設置しています

https://www.kawasoukyo.com/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6

電子書籍 導入は16自治体

電子書籍 導入は16自治体

本紙調査 蔵書数、利用数に課題も

6月14日

運転手不足で144便減

市バス

運転手不足で144便減

鷲ヶ峰営業所管内 10日から

6月14日

向河原交番、来春に廃止

中原警察署管轄

向河原交番、来春に廃止

県の方針、中丸子に統合

6月7日

公園禁煙化、「望む」が54%

川崎市

公園禁煙化、「望む」が54%

6カ所でアンケート

6月7日

川崎に本社を集約

東芝

川崎に本社を集約

市長「連携さらに進化」

5月31日

食品購入費も対象に

町会応援補助金

食品購入費も対象に

会員の声受け、制度改正

5月31日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook