神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2024年5月22日 エリアトップへ

 資源ごみの持ち去り 川崎市 「禁止条例」一定の効果

社会

公開:2024年5月22日

  • X
  • LINE
  • hatena
資源ごみの集積所
資源ごみの集積所

 2022年4月に「市廃棄物の処理及び再生利用等に関する条例」が改正され、資源ごみを持ち去ることが禁止されてから2年が経つ。条例に基づき、市職員が市内を巡回して禁止行為に対する注意と啓発を続けたところ、一定の効果が見られているようだ。

 条例改正によって禁止されたのは、市の指定業者以外が市内のごみ集積所や回収場所から資源ごみを持ち去る行為。持ち去りを見つけた場合、まず「注意・指導」を行い、複数回これを繰り返す中で悪質と認められた場合は「違反者」とみなし、「禁止命令書」を交付の上、20万円以下の罰金が科せられる。

 この条例に基づき、市職員が市内を巡回して持ち去りの有無を確認した結果、22年度は「注意・指導」の対象が102件あった。空き缶を物色するホームレスのほか、粗大ごみや電化製品などを車両で持ち去ろうとする者もいたが、「禁止命令書」交付の対象となるような悪質なケースは、これまでには一度も出ていないという。

 条例改正前は年200t以上の空き缶が持ち去られていたが、市の担当者によると、改正後は「一定の効果は出ている」という。一方で条例改正の議論の中では、空き缶集めが「生業」となっているホームレスへの影響を危惧する声も上がっていた。市の担当部署にはホームレスから「空き缶が集まらなくて困る」といった相談は寄せられていないという。担当者は「一部のホームレスは集合住宅のごみ集積所から空き缶を譲り受ける代わりに清掃の手伝いをするなどして、トラブルを回避しているようだ」と話している。

使用済み「ろうそく」を回収しています

南部斎苑、北部斎苑に、ろうそく回収ボックスを設置しています

https://www.kawasoukyo.com/

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6

川崎のマイスター、一堂に

武蔵溝ノ口駅南北自由通路

川崎のマイスター、一堂に

匠の技術が来場者を魅了

6月15日

「俳句フォト」講座

「俳句フォト」講座

6月15日、感泣亭で

6月14日

 能登に義援金「再建を」

川崎市全町内会連合会

 能登に義援金「再建を」

6月14日

 「特別な12年だった」

ニック選手が現役引退 川崎ブレイブサンダース

 「特別な12年だった」

6月14日

花壇の写真を投稿しよう

花壇の写真を投稿しよう

抽選でバッグを進呈

6月14日

愛される場所に 

夢見ヶ崎動物公園

愛される場所に 

新園長 小倉充子さん

6月14日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook