麻生区版 掲載号:2021年12月24日号 エリアトップへ

東柿生小 フェスで里山の魅力発信 ゲスト招き、体験ツアー

社会

掲載号:2021年12月24日号

  • LINE
  • hatena

 市立東柿生小学校(井上清一校長)は12月14日、里山の自然を体験するイベントを早野聖地公園で開催した。かわさきSDGsパートナーらを招き、6年生80人が体験・ガイドツアーで里山の魅力を発信した。

 同校では、11年程前から、地元の人たちや里山ボランティアの協力のもと、里山学習に取り組んでいる。6年生は総合的な学習の時間を使って、SDGs(17項目ある持続可能な開発目標)について学んでおり、里山の下草狩りや笹狩りなどを通して、SDGsの目標のひとつ「陸の豊かさも守ろう(15番)」を実践してきた。10月には、市がSDGsの達成に向けて取り組む企業・団体を登録・認証する「かわさきSDGsゴールドパートナー」に認証された。

 目標達成に向けて、より多くの人に里山を体験してもらい、魅力を知ってもらおうと、今回、イベント「知ってハッピー!見てハッピー!里山フェス〜2021〜」を企画。児童は、約2カ月前から下見やガイドブックを作成するなど準備を進めてきた。

 当日は、地域住民や、同パートナーら約50人を招待。小雨が降る中、参加者は児童たちのガイドで里山を歩いて回り、笹刈り体験や、里山の竹を使った箸置き、ペン立ての工作を体験した。

 高津区から参加した会社員は「皆さんの頑張りで里山を体験できた。SDGsをしっかり勉強していて、先々の持続可能な社会づくりにつながっていくと感じた」と話した。

 今回ガイドツアー役を務めた女子児童は「雨で大変だったけど、工作やツアーを楽しんでもらえたので自分たちも楽しめた」と振り返った。今後のSDGsへの取り組みについては「先輩たちから受け継ぎ、自分たちも環境に優しくなれた。後輩にも続けてもらって、里山が少しでもきれいになっていってほしい」と期待を込めた。

麻生区版のトップニュース最新6

特設サイトで事業PR

区制40周年

特設サイトで事業PR 社会

イベント概要を順次発信

5月20日号

麻生区の充足率、8割弱

民生委員児童委員

麻生区の充足率、8割弱 社会

12月の改選へ、広報強化

5月20日号

自治会用SNSを試行

川崎市・小田急電鉄

自治会用SNSを試行 社会

区内5団体 10月末まで

5月13日号

区内医師「意識変化に期待」

不妊治療保険適用拡大

区内医師「意識変化に期待」 社会

4月から 専門家への相談増

5月13日号

県ゴルフ大会で優勝

下麻生在住西田さん

県ゴルフ大会で優勝 スポーツ

70歳以上の部 最多3度目

5月6日号

2団体が国交大臣表彰

2団体が国交大臣表彰 社会

「みどりの愛護」功労者で

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約250種のバラ、可憐に

約250種のバラ、可憐に

「ローズオカガミ」22日まで

5月12日~5月22日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook