麻生区版 エリアトップへ

コラムの記事一覧

  • 「オール麻生」でアシスト

    GO!GO!!フロンターレ

    「オール麻生」でアシスト スポーツ

    区内有志の応援組織

     同じ市内でも、川崎フロンターレのホーム、等々力陸上競技場から距離がある麻生区。だが区内には、選手が練習で使用する「麻生グラウンド」に、若手選手用の「...(続きを読む)

    9月18日号

  • GO!GO!!フロンターレ

    GO!GO!!フロンターレ

     川崎フロンターレは動画配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」の入会キャンペーンを9月30日まで実施中。新規加入者には選手サイン入りユニフォームが当た...(続きを読む)

    9月18日号

  • 原点の地に、元気と勇気を

    GO!GO!!フロンターレ

    原点の地に、元気と勇気を

     昨季、Jリーグのベストヤングプレーヤー賞に輝いた川崎フロンターレの若きボランチ・田中碧選手(22)。持ち前のハードワークで、首位を独走するチームを中...(続きを読む)

    9月18日号

  • GO!GO!!フロンターレ

    GO!GO!!フロンターレ

    ふろん太ウェアに横浜トヨペット広告  サッカーJ1・川崎フロンターレの公式マスコットキャラクター・ふろん太...(続きを読む)

    9月11日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【3】-3 文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

     渋口郷で大きな田地を所有する在家「浄法」はどこに住んでいたのだろうか。川崎市発行の 5千分の1「久末」地図を見ると、久末と蟹ヶ谷の境に城法谷の地名が...(続きを読む)

    9月11日号

  • GO!GO!!フロンターレ

    GO!GO!!フロンターレ

    三笘選手、旗手選手を起用開催告知ポスター3弾完成  サッカーJ1・川崎フロンターレのホームゲームの日程を告...(続きを読む)

    9月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【3】-2 文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

     『川崎市史資料編』に収録された「地検目録」を見てみよう。永徳4年2月26日の日付になっているが、偶然にもこの翌日に改元が行われて至徳元(1384)年...(続きを読む)

    9月4日号

  • GO!GO!!フロンターレ

    GO!GO!!フロンターレ

    クラブ名冠したサッカー場陸前高田市に誕生  岩手県陸前高田市に「川崎フロンターレ 東北のカリフロニアフィー...(続きを読む)

    8月28日号

  • GO!GO!!フロンターレ

    GO!GO!!フロンターレ

    笑ってはいけない等々力競技場  サッカーJ1・川崎フロンターレは8月29日(土)、ホーム等々力陸上競技場で...(続きを読む)

    8月21日号

  • GO!GO!!フロンターレ

    GO!GO!!フロンターレ

    セレッソ大阪戦は「ナゾトキっずランド」  サッカーJ1・川崎フロンターレは8月19日(水)のセレッソ大阪戦...(続きを読む)

    8月14日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【3】-1 文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

     渋口郷(今の子母口)に関する至徳元(1384)年の「正木文書」に収められた澁口郷地検目録(以下地検目録と略記)は、中世東国の村落構造を理解する上で貴...(続きを読む)

    8月14日号

  • GO!GO!!フロンターレ

    GO!GO!!フロンターレ

    U-13セレクション参加者募集中  サッカーJ1・川崎フロンターレは2021年度のU-13のセレクションを...(続きを読む)

    8月7日号

  • GO!GO!!フロンターレ

    GO!GO!!フロンターレ

    ふろん田発日本酒あすから販売  サッカーJ1・川崎フロンターレが挑戦する農業プロジェクトから誕生した日本酒...(続きを読む)

    7月31日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第2回 シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【2】 文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

     麻生川の源流域(地元では神川と呼称)にあたる稲城市平尾町杉山神社付近の発掘調査では、平安時代の建物跡から祭祀に使用されたと考えられる「四万」「酒?」...(続きを読む)

    7月31日号

  • GO!GO!!フロンターレ

    GO!GO!!フロンターレ

    チャリティーグッズで豪雨被災地支援  サッカーJ1・川崎フロンターレは、各地に甚大な被害をもたらした「令和...(続きを読む)

    7月24日号

  • GO!GO!!フロンターレ

    GO!GO!!フロンターレ

    FRO CAFE新メニュー続々登場  川崎フロンターレが運営する「FRO CAFE」(JR武蔵小杉駅北口か...(続きを読む)

    7月17日号

  • GO!GO!!フロンターレ

    GO!GO!!フロンターレ

    リモートで金の卵発掘  サッカーJ1・川崎フロンターレはリモートによる金の卵を発掘する「F活」を始める。サ...(続きを読む)

    7月10日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第2回 シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【1】 文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

     鶴見川流域の小支流(谷戸)における中世人の生活の跡をいくつか紹介する。  鶴見川最上部にある町田市下小山田町大泉寺には...(続きを読む)

    7月10日号

  • GO!GO‼フロンターレ

    GO!GO‼フロンターレ

    再開初戦は対鹿島応援メッセージ募集中  新型コロナウイルスの影響により中断していたサッカーJ1リーグが7月...(続きを読む)

    6月26日号

  • GO!GO‼フロンターレ

    GO!GO‼フロンターレ

    サポショで父の日キャンペーン  川崎フロンターレは同クラブを応援するサポートショップ12店舗で「サポショで...(続きを読む)

    6月19日号

  • GO!GO!!フロンターレ

    GO!GO!!フロンターレ

    フロンターレ事務所にキッチンカー  サッカーJ1・川崎フロンターレは6月1日から高津区のクラブ事務所駐車場...(続きを読む)

    6月12日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第1回 シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川 文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    【はじめに】  鶴見川は町田市上小山田町田中谷戸を水源として横浜市鶴見区末広町で東京湾に注ぐ、全長42・5Kmの一級河川...(続きを読む)

    6月12日号

  • 区民が愛した店コロナ影響で幕

    区民が愛した店コロナ影響で幕

    新百合ヶ丘「シノワーズ」

     「ご利用いただいた皆さんに本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」。新百合ヶ丘駅前の中華料理店『シノワーズ』。多くの人に惜しまれつつ5月5日、29年の歴史に幕を...(続きを読む)

    6月5日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第167回 シリーズ「麻生の歴史を探る」天明の大飢饉〜みさきの土塁〜後編 文:小島一也(遺稿)

     現麻生区細山に「みさきの土塁」と呼ぶ所があります。これは天明の大飢饉にこの地の大地主白井治良右衛門が、村人の困窮を救ったことから、後に村人が治良右衛...(続きを読む)

    3月13日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第166回 シリーズ「麻生の歴史を探る」天明の大飢饉〜みさきの土塁〜前編 文:小島一也(遺稿)

     天明3(1783)年7月、浅間山が大噴火を起こします。溶岩は麓の村々を埋没させ、熱砂は関東一円に三日間にわたり降り、農作物は大きな被害を受けます。こ...(続きを読む)

    3月6日号

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.20口腔ケアに影響する鼻づまり

     花粉症の季節ですね。いつの間にか鼻水が出て、鼻詰まり状態になります。そうすると脳は酸欠を感じ、自律的に、口での呼吸を促します。...(続きを読む)

    2月28日号

  • あさおマンスリー

    2月 February

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

     麻生区の人口は本年1月に18万人を超えました。魅力ある麻生区で暮らすことを選ぶ方が増えていることを、とても嬉しく思います。一方、麻生区は高齢化率が2...(続きを読む)

    2月7日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第165回 シリーズ「麻生の歴史を探る」下綱騒動と志村弥五右衛門後編 文:小島一也(遺稿)

    【前編から続く】  地元の伝承には、この松の近くに貧しい百姓が住んでおり、枯れた松の枝を切り、生業の助けとしていましたが...(続きを読む)

    1月24日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第164回 シリーズ「麻生の歴史を探る」下綱騒動と志村弥五右衛門前編 文:小島一也(遺稿)

     前稿(昨年11月22日号、29日号)で王禅寺村(現王禅寺東・西)と増上寺との関わりは、寛永3年(1626)、将軍秀忠夫人お江与の方(崇源院)が死去、...(続きを読む)

    1月17日号

  • 令和元旦、新春の目標に考えたい災害時に強い「身体安全」とは

    歯科医の新春コラム

    令和元旦、新春の目標に考えたい災害時に強い「身体安全」とは

    ホワイトファミリー歯科 院長 堤富紀子

     新年に立てる1年の目標に「災害時に強い健康な体と精神力」、というのはいかがでしょう?  奥歯で目立つ金属をメタルフリー...(続きを読む)

    1月1日号

令和2年国勢調査を実施します!

日本に住んでいるすべての人が対象です。インターネットでの回答が便利です。

https://www.kokusei2020.go.jp/

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月18日号

お問い合わせ

外部リンク