麻生区版

コラムの記事一覧

  • あさおマンスリー

    8月 August

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

     今月は、「麻生市民交流館やまゆり」をご紹介します。 「やまゆり」は、市民活動支援と区民の交流を目的に、認定NPO法人あさお市民活動サポ...(続きを読む)

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    【前編から続く】 この江戸時代の中期、全国的に百姓一揆が起きていますが、この地方の旗本領の村方騒動は一揆に至るものでなく終息します。しか...(続きを読む)

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.06口臭の原因は「隠れ歯周病」!

     歯周病によくある「お口が臭い!」、こんなことを言われたりもせず、また「歯が黄ばんできた」「口の中がネバネバする」といった症状もほとんどなく、無症状の...(続きを読む)

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

     江戸時代、村の支配は、江戸住みの領主に代わって代官が行いましたが、仕事をするのは名主、年寄、百姓代で、これを村方三役と呼び、年貢の納入、村民の取り締まり、文書...(続きを読む)

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

     【前編から続く】この鷹狩り御用と並んで農民を苦しめたのが「助郷」の制度で、江戸が都市化して街道が整備され、人馬の往来が激しくなって宿駅が設けられ、そこには伝馬...(続きを読む)

  • あさおマンスリー

    7月 July

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

     今月は、風水害、特に土砂災害への備えについてお話しします。 麻生区は、もともと丘を切り開いた街のため、がけ地が多く分布し、「土砂災害警...(続きを読む)

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第127回 シリーズ「麻生の歴史を探る」鷹狩り御用、助郷 前編

     鷹狩り御用とは、将軍や大名が催す鷹狩り(鷹を使って野鳥を獲る)に指定された村々が、狩場の調達や、宿の提供、勢子の動員などを課せられた法度で、徳川家康、秀忠、家...(続きを読む)

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.05最適な治療とは…(4)海外との意識の違い

     欧米の口腔ケアで当たり前になっていることの一つに「噛み合わせ」への高い意識があります。  幼少期から思春期までの期間に...(続きを読む)

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第126回 シリーズ「麻生の歴史を探る」久末義民騒動 後編

     【前編から続く】この久末村事件より少し前の延宝八年(1680)、幕府は先の慶安のお触書の反省からか、知行地を持つ旗本に「民は国の元也、常に民の辛苦を察し、飢寒...(続きを読む)

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第125回 シリーズ「麻生の歴史を探る」久末義民騒動 前編

     江戸幕府は慶安二年(1649)、「慶安のお触書」なるものを交付いたします。これは農民には年貢の納入を義務付け、衣服は木綿、米を食わず麦飯を食えと日常生活にも及...(続きを読む)

  • あさおマンスリー

    6月 June

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

     麻生区長の多田です。前区長からこのコーナーを引き継ぎましたので、今月からよろしくお願いいたします。  さて、今月は区民...(続きを読む)

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第124回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(7)お稲荷様〜稲荷信仰 後編

     【前編から続く】この稲荷信仰は屋敷稲荷を別にして、多くの稲荷と名付く社や旧跡を残しています。新編武蔵風土記稿は文化年間(1816)に編集された歴史書ですが、そ...(続きを読む)

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第123回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(7)お稲荷様〜稲荷信仰 前編

     稲荷といえば京都の伏見、茨木の笠間稲荷などが全国的に有名ですが、これは五穀の神(霊)崇拝の民俗信仰から起きたもので、この地方でも戦前まではどこの農家...(続きを読む)

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.04最適な治療とは…(3)海外との意識の違い

     欧米では徹底的な未病ケアで医療コストを下げる考えが浸透し、また一方で治療にかける額は数万〜と、日本の状況との違いをお伝えしました。...(続きを読む)

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

     【前編から続く】高石の法雲寺には馬頭観世音信仰を象徴する典型的な石造2基があります。1基は台座5段の石柱型で高さ2m余、馬頭を表す宝冠を被った三面馬頭観世音菩...(続きを読む)

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.03最適な治療とは…(2)海外との意識の違い

     欧米では歯科は自費治療、そして歯周病やむし歯はゼロに近く、矯正が一般的に行われており、日本の現状よりも進んでいることを先月お伝えしました。...(続きを読む)

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第121回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 前編

     観音というと浅草の観音様、鎌倉の長谷観音を連想しますが、観音様とは人々の様々な願いや悩みを三十三態のお姿となって現れ慈悲を下さる菩薩と言われ、千手観音、如意輪...(続きを読む)

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第120回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(5)石造物〜子育て地蔵 後編

     【前編から続く】前稿岡上川井田の子育て地蔵は、別名「水子地蔵」とも呼び安政二年(1819)建立の銘があります。赤子を亡くした母の悲しみに勝るものはありません。...(続きを読む)

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.02最適な治療とは…(1)海外の歯科治療との落差

     欧米など海外での歯科治療は保険カバーしないのが一般的です。それは簡単に予防できる疾病だからでしょうか?  各自で加入す...(続きを読む)

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第119回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(5)石造物〜子育て地蔵 前編

     麻生区古沢の九郎明神社の北面に、「古沢の子育て観音」と呼ぶ小祠があります。そこには、「帰命頂礼その昔、廃寺となるは数あれど、此処に一つは古沢に、山号申せば古沢...(続きを読む)

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第118回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(4)石造物〜お地蔵さま 後編

     【前編から続く】風雪に耐え村の辻に立つ”石のお地蔵さま”の姿は私たちが祖先の生活を偲ぶ原風景ですが、このお地蔵様の造立のピークは享保年間(1716〜35)の頃...(続きを読む)

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第117回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(4)石造物〜お地蔵さま 前編

     私達の知る石造物の中で、最も親しまれているのはお地蔵様で、このお地蔵様とは仏教でいう菩薩のお姿を言い、菩薩とはお釈迦様が入滅の後の仏様とのことで、この地蔵信仰...(続きを読む)

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第116回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 後編

     【前編から続く】黒川の上(西)の地域に橋場と言う所があります。ここは三沢川の源流で、その昔、鎌倉街道(脇道)の橋が架かり、金剛寺、毘沙門天などの伝承を残す土地...(続きを読む)

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第115回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 前編

     道祖神はセイノカミ(斉、塞)とか、トウロクジン(道陸神)とか呼ばれる道の神様で、通常、村の境や橋のたもと、山の入り口などに、外から来る災い、厄病、災害、邪悪な...(続きを読む)

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第114回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(2)石造物〜地神塔 後編

     【前編から続く】 以降、この地神信仰は土地を耕す百姓の信仰として明治・大正・昭和と続きますが、昭和七年発行の柿生岡上郷土史、年中行事の...(続きを読む)

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第113回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(2)石造物〜地神塔 前編

     麻生の地方で、庚申信仰に次ぎ起きている信仰は地神塔を造立している地神信仰で、これはこの地方に限った信仰だったようです。市の石造物調査によると、地神信仰を象徴す...(続きを読む)

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第112回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(1)石造物〜庚申塔 後編

     【前編から続く】市の調査によると麻生区内には39基の庚申塔があるといい(昭和60年)、その最古は細山香林寺参道にある延宝三年(1675)造立銘のあるもので、次...(続きを読む)

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.01白く健康な歯を保つケアとは…?

     ご自身でしっかり歯みがきをしているという方でも、健康的な歯を保つにはどうしても限界があります。  毎日使っていらっしゃ...(続きを読む)

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第111回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(1)石造物〜庚申塔 前編

     徳川幕府によって戦乱の世が終わり、庶民の暮らしが安定してきた江戸期、村々に寺社への帰依とは異なる、石造物を造立しての民間信仰が起きてまいります。庚申・地神・地...(続きを読む)

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第110回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(5)〜増上寺領王禅寺

    【前回から続く】 表1はその時の王禅寺村農民の田畑の所持状態を表したもので(市史、志村家文書)、筆頭の三十郎は4町4反余の田畑と屋敷3か...(続きを読む)

「バンバンなら私もいける!」

新台入替8月13日9時10分オープン!最新機種、続々登場!新台は16時~予定

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年8月10日号

お問い合わせ

外部リンク