麻生区版 エリアトップへ

あっとほーむデスクの記事一覧

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    12月3日0:00更新

     かわさきマイスターに選ばれた安藤さん。「タイル工事は無限の可能性がある格好いい仕事」と胸を張る。成り手が少なく「業界のために」と何度も口に。匠の矜持に触れた時...(続きを読む)

    12月3日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    11月26日0:00更新

     新百合ヶ丘駅前のイルミネーションが今年も点灯。この前まで「暑くて溶けそう…」と言っていたのが嘘のように冷える時期に。ツリーや植え込みに飾られた光が寒い日もキラ...(続きを読む)

    11月26日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    11月19日0:00更新

     桐光サッカー部が全国出場を決めた。選手権で神奈川代表の優勝はない。頑張れ桐光!(な)...(続きを読む)

    11月19日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    11月12日0:00更新

     区内をまわりながら黄色のイチョウや赤く色づいた木々が目にとまる。時の流れは寂しくも、市民のサークル活動や地域イベントが再び歩みを始めていることがうれしい。今年...(続きを読む)

    11月12日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    10月22日0:00更新

     かきまるくんのLINEスタンプができた。先日、柿もぎの取材に訪れた際、小学生が「かきまるくんは知っているけど、禅寺丸柿は知らなかった」と一言。その愛くるしい存...(続きを読む)

    10月22日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    10月15日0:00更新

     山ゆり号の取材で運行ルートを含む高石地域を軽自動車で走った。狭い道や急な坂に、車を通ることはもちろん毎日歩くのは一苦労だなと実感。山ゆり号を運行するのは火の車...(続きを読む)

    10月15日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    10月8日0:00更新

     若葉台の駅、マンションが立ち並ぶ背景の中で行われた黒川の柿もぎ、芋ほり体験。近代的な風景と、自然あふれる風景。両方を感じることができるのが、麻生区の...(続きを読む)

    10月8日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    9月24日0:00更新

     キンモクセイやヒガンバナなど秋を感じる花が、一気に咲いては見頃を終えたように思う。夏とも秋とも言い切れなかったのに、吹く風も匂いもすっかり秋の装い。実りの多い...(続きを読む)

    9月24日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    9月17日0:00更新

     取材させてもらった平原さんをはじめ、地域で活躍されているシニアの方々は元気な方々ばかり。自分もリタイヤ後にイキイキできるよう目標をみつけたい。  (な)...(続きを読む)

    9月17日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    9月10日0:00更新

     「月」で思い浮かぶのは、藤原道長の「この世をば…」の歌と、ゴッホの作品「星月夜」。帰りの夜道で、いつもより明るいと思ってふと見上げると大きな満月が輝いていたこ...(続きを読む)

    9月10日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    9月3日0:00更新

     麻生区版の創刊から今号で777号。そして9月で丸20年。地域の皆様に支えていただき、ここまで積み重ねてくることができました。個人的には麻生区担当になって半年。...(続きを読む)

    9月3日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    8月27日0:00更新

     外国の映画やドラマを見て、そんな風習があるのかと憧れた「レモネード売り」。小児がん支援のために日本でも活動が広がっていることは取材を通じて初めて知った。夏休み...(続きを読む)

    8月27日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    8月20日0:00更新

     オリンピックが終わった。コロナが感染拡大する中での開催とあって賛否両論あったが、大会期間中、選手たちのプレーに一喜一憂した人も多かったはず。私は原稿に追われ、...(続きを読む)

    8月20日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    8月13日0:00更新

     難読駅名として「柿生」の文字を見たことがある。この地で育ったためピンとこないが、初見では読みにくいらしい。名実ともに「柿が生まれる」地。柿ワインの製造がない分...(続きを読む)

    8月13日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    8月6日0:00更新

     今年で戦後76年。広島出身だからか、幼い頃にはよく戦争の話を聞かされた。ただもうその機会は多くない。地元紙として体験者の記憶を少しでも記録に残すことをしていき...(続きを読む)

    8月6日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    7月30日0:00更新

     連日の猛暑。それでも陽が落ちれば、いくぶんか涼しさを感じる。そんな夕方にぴったりな祭囃子や人々の活気ある声は、今年も聞こえてこない。「来年こそ」と聞いた去年の...(続きを読む)

    7月30日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    7月23日0:00更新

     新百合ヶ丘駅前で月に一度行われている清掃活動。コンソーシアムと区役所が連携して実施している。まちの魅力向上はイベントだけではない。多くの人が利用する駅で、こう...(続きを読む)

    7月23日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    7月16日0:00更新

     一般開放された四ツ田緑地。川崎にいるのを忘れそうなほどの大自然。広大な自然の中でどう遊ぶか。子どもだけでなく大人の想像力も試される場所になりそう。(な)...(続きを読む)

    7月16日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    7月9日0:00更新

     初完成した「川崎市内産ワイン」のラベルは、岡上にキャンパスのある和光大・表現学部の倉方雅行教授が担当。ワインの種類やブドウの品種にチェックを書き込む汎用性ある...(続きを読む)

    7月9日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    7月2日0:00更新

     柿の実幼稚園で行われた眼科検診。子どもたちは見えているか、目の異常を感じているか言葉にするのが難しい。だからこそ、検診が必要だと栄和会の檀之上理事長は話す。デ...(続きを読む)

    7月2日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    6月25日0:00更新

     「つい最近お正月だったのに…」。毎年この時期は同じようなことを口に出してしまう。夏至を過ぎ、今年も半分。夏の盛りはきっとこれからだと思...(続きを読む)

    6月25日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    6月18日0:00更新

     岡上で活動を行う援農グループ「えんやさい」。円のようなつながり、自然循環する農法を広めるために名付けられたという。若いメンバー、ボランティアが地域の農家の指導...(続きを読む)

    6月18日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    6月11日0:00更新

     夏の気配が近づく6月。取材した大平屋では涼やかな和菓子の準備が進んでいました。(い)...(続きを読む)

    6月11日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    6月4日0:00更新

     子ども食堂を運営するNPO法人アイゼン。地元の学生が数多くボランティアで参加している。名前は子ども食堂だが、大人も参加し、地域のコミュニティの場になりつつある...(続きを読む)

    6月4日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    5月28日0:00更新

     終始にこにこと話していた森政さんが取材終わりに言った。「悔いが残らないようにしたい」。原爆投下はずっと昔のように感じるが、今も被爆者の言葉を直接聞くことができ...(続きを読む)

    5月28日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    5月21日0:00更新

     岡上の急坂。写真と実物は大違い。ぜひ一度、岡上をまち歩きしながら訪ねてみては。 (な)...(続きを読む)

    5月21日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    5月14日0:00更新

     旭日単光章を受章した角山さん。「義務感ではなく、やるからには楽しく」。やらされるより、自分から楽しみを見つけて能動的にやる。簡単そうにみえて、実に難しい。角山...(続きを読む)

    5月14日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    5月7日0:00更新

     リリオスで行われたシロフォンとピアノの演奏会。演奏にあわせて、観客の皆さんがマスク越しでもニコニコと笑顔で聞く姿が印象的です。楽器を持って一緒に奏でる場面では...(続きを読む)

    5月7日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    4月30日0:00更新

     コロナ禍の連休。どこにも行けないもどかしさ。日々の疲れを取るにはいいのかも。でもやっぱり旅行がいい。 (な)...(続きを読む)

    4月30日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    4月23日0:00更新

     「もしもピアノが弾けたなら」、ショパンの「革命」を颯爽と弾きたいと憧れています。しんゆりに帰ってきたストリートピアノ。偶然の出会いで聞けないか密かに楽しみにし...(続きを読む)

    4月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

テーマは「高血圧症と心不全」

テーマは「高血圧症と心不全」

12月9日 健康づくり講演会

12月9日~12月9日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook