麻生区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 囲碁で全国ベスト16

    王禅寺中央中高橋さん

    囲碁で全国ベスト16 社会

    2大会出場 「夏に雪辱」

     市立王禅寺中央中学校3年生の高橋大地さん(14)が3月に行われた囲碁の2つの全国大会「花まる学習会杯ジュニア本因坊戦」「ボンド杯争奪全日本こども囲碁中学生チャ...(続きを読む)

    4月16日号

  • 駅前ピアノ、ふたたび

    新百合ヶ丘

    駅前ピアノ、ふたたび 文化

    歩行者通路に8日間設置

     誰でも自由に弾ける「ストリートピアノ」が新百合ヶ丘駅前に帰ってくる――。明日4月17日(土)から5月2日(日)までの8日間、新百合ヶ丘駅南口ペデストリアンデッ...(続きを読む)

    4月16日号

  • バリアフリー情報を集約

    バリアフリー情報を集約 文化

    芸術・文化13施設 地図に

     麻生区とNPO法人「しんゆり・芸術のまちづくり」が協働し、区内13カ所の芸術・文化施設のバリアフリー状況や、最寄り駅からの推奨ルートをまとめたマップをこのほど...(続きを読む)

    4月9日号

  • 女子用スラックス、6割

    川崎市立中

    女子用スラックス、6割 教育

    市教委「近年増加傾向に」

     防寒や性の多様性への配慮などを理由に、神奈川県内では約6割、川崎市でも同様の状況で女子の制服(標準服)にスラックスを選択できる学校が広がっている。導入校が毎年...(続きを読む)

    4月9日号

  • 駅構内で地場野菜PR

    小田急電鉄×地元農家

    駅構内で地場野菜PR 社会

     魅力発信へ、初のコラボ

     小田急電鉄(株)と麻生区の若手農家グループ「畑から、台所へ。」は3月26日、新百合ヶ丘駅構内で地場野菜の直売イベントを実施した。駅の魅力、地元野菜の...(続きを読む)

    4月2日号

  • 認知症対応で区表彰

    トヨタカローラ新百合ヶ丘

    認知症対応で区表彰 社会

    官民の連携強化へ

     認知症の高齢者へのスタッフ対応が評価され、車販売店トヨタカローラ神奈川株式会社 新百合ヶ丘店(古沢)が先月24日、麻生区から表彰された。「認知症にやさしいまち...(続きを読む)

    4月2日号

  • 「大好きな町に恩返し」

    片平小6年

    「大好きな町に恩返し」 コミュニティ教育

    卒業制作の布巾、37カ所へ

     「お世話になった人たちに、感謝や成長を伝えたい」――。市立片平小学校(中川夕起江校長)の6年生が、感染症予防の消毒液とともに使う布巾を作成し、学校周...(続きを読む)

    3月26日号

  • 冊子「まちのひろば」完成

    麻生区民が協力

    冊子「まちのひろば」完成 コミュニティ社会

    施設など紹介 4月に配布

     麻生区内で誰もが気軽に集える居場所や、そこで活動する人たちなどを紹介する冊子『まちのひろば』が完成し、4月1日から区役所や麻生市民交流館やまゆりで配...(続きを読む)

    3月26日号

  • 手製ガウンで医療支援

    地元有志2人

    手製ガウンで医療支援 社会

    約200枚 訪看ST(ステーション)に寄贈

     新型コロナの影響で物資が不足する医療・看護の現場を支援しようと井関陽子さん(84)=西生田在住=、芦川ゑみ子さん(73)=高石在住=は3月10日、高石地域包括...(続きを読む)

    3月19日号

  • Web役員会 行政が視察

    はるひ野町内会

    Web役員会 行政が視察 コミュニティ社会

    市「好事例、他地区にも」

     はるひ野町内会(杉本秀治会長)の役員会が3月6日、はるひ野黒川地域交流センターを会場にオンラインで開催された。川崎市や麻生区の担当者、市議会議員も視...(続きを読む)

    3月12日号

  • 公園でスケボー増加

    川崎市内

    公園でスケボー増加 社会

    安全面とマナーに課題

     一人で楽しめるスポーツとして、コロナ下で川崎市内でも競技人口が増えたスケートボード。近場の公園を使うケースが多い中、激しい動きを伴う競技の特性上、安全面の課題...(続きを読む)

    3月12日号

  • 「内水」想定区域は市内最小

    麻生区内

    「内水」想定区域は市内最小 社会

    市がマップ配布 準備訴え

     川崎市は先月15日から、最大降雨時に想定される浸水区域や、浸水時の避難方法等を示す「内水ハザードマップ」の配布を開始した。同マップで示されている麻生...(続きを読む)

    3月5日号

  • 歌で復興応援 動画配信

    区内歌手MiSAさん

    歌で復興応援 動画配信 社会

    市CM曲再録 、11日から

     東日本大震災からまもなく10年――。麻生区内を中心に活動する音楽ユニット「FAiCO(ファイコ)」のボーカル・MiSAさん(42)が歌う復興応援ソン...(続きを読む)

    3月5日号

  • 実用化へ有償運行開始

    しんゆりシャトル

    実用化へ有償運行開始 社会

    ニーズを検証 5月まで 

     官民連携によるオンデマンド交通「しんゆりシャトル」の実用化に向けた有償運行が2月17日から始まった。新百合ヶ丘駅周辺の約500カ所で乗降が可能で、配車から支払...(続きを読む)

    2月26日号

  • 「区民会議」刷新 案示す

    川崎市

    「区民会議」刷新 案示す 社会

    2024年度、本格始動へ

     区民主体による地域の課題解決を掲げ、2006年から6期12年にわたり実施後、廃止された「区民会議」。市民が区政に参加する新たな場づくりに向け、川崎市は「考え方...(続きを読む)

    2月26日号

  • 食住近接地で完熟イチゴ

    【Web限定記事】

    食住近接地で完熟イチゴ 社会

    昨年オープン 早野の農園

     早野の農園「スローファーム」で先月からイチゴ狩りが始まっている。産地と消費地が近い都市農業ならではの取り組みで「暮らす場所で採れた、完熟のイチゴを味わってほし...(続きを読む)

    2月19日号

  • 地域防災力向上に貢献

    Web限定記事はるひ野町内会

    地域防災力向上に貢献 社会

    市功労者で表彰

     東日本大震災からもうすぐ10年--。2月13日未明にも福島県沖を震源とする地震が起きるなど、大きな地震や風水害の発生が危惧されている。そうした災害への備えとし...(続きを読む)

    2月19日号

  • オンラインで初開催

    区総合防災訓練

    オンラインで初開催 コミュニティ社会

    学習コンテンツなど発信

     はるひ野小・中学校で予定していた『麻生区総合防災訓練』の中止を受け、麻生区は2月13日(土)から21日(日)まで『区民みんなでおうち防災訓練』をホー...(続きを読む)

    2月12日号

  • コロナ対策に217億円

    川崎市予算案

    コロナ対策に217億円 社会

    追加予算見据え、経営支援

     川崎市は2月8日、2021年度当初予算案を発表。一般会計は7年連続過去最高の8208億円となった。最優先課題として新型コロナ対策に約217億3千万円を計上し、...(続きを読む)

    2月12日号

  • 先代の絵に思い託す

    一本松工業

    先代の絵に思い託す 社会

    出品収益を市コロナ対応に

     上麻生の水道設備業「株式会社一本松工業」が、川崎市の新型コロナウィルス感染症への対応に収益金すべてを寄付する目的で、同社の先代会長が描いた水彩画をコミュニティ...(続きを読む)

    2月5日号

  • 「危険な塀」 撤去進まず

    川崎市内通学路

    「危険な塀」 撤去進まず 社会

    市、助成継続で促進へ

     川崎市内にある小学校の通学路で、危険なブロック塀の撤去が滞っている。3年前に大阪府北部地震で発生した倒壊による死亡事故を受け、市は点検を実施。把握し...(続きを読む)

    2月5日号

  • 全国ポスターに登場

    麻生消防団員

    全国ポスターに登場 社会

    王禅寺班の松本さん

     麻生消防団 東柿生分団王禅寺班に所属する松本明裕さん(25、王禅寺東在住)が、総務省消防庁による消防団員募集のモデルに選ばれた。全国で掲出されるポス...(続きを読む)

    1月29日号

  • 鷹匠による鳥害対策

    和光大学

    鷹匠による鳥害対策 社会

    環境負荷を考慮し実施

     岡上にある和光大学では、鳥害を防ごうと今月からタカを使った駆除を行っている。キャンパスには数年前からカラス、ハトが増え、止まりそうな場所にはネットをかけるなど...(続きを読む)

    1月29日号

  • 救急出動6年ぶり減少

    麻生区

    救急出動6年ぶり減少 社会

    遠因に新型コロナの影響

     麻生区内の昨年1年間の救急出動件数は、7004件で前年に比べ683件(8・9%)減少した。同区では2014年以降増加傾向だったが、6年ぶりに減少した。市消防局...(続きを読む)

    1月22日号

  • 百年超の風物詩も断念

    ダルマ市

    百年超の風物詩も断念 文化

    関係者「苦渋の決断」

     麻生不動院(下麻生)で毎年1月28日に開催される「ダルマ市」が、今年は中止されることになった。例年、区内外から多くの来場者でにぎわう催しの中止に、関係者や地元...(続きを読む)

    1月22日号

  • 見守り活動冊子発行

    三井百合丘第二自治会

    見守り活動冊子発行 社会

    田調大と連携し独自活動

     三井百合丘第二地区自治会(早野恒一郎会長)で地域見守り活動をする「ほほえみの会」(香川昭彦会長)はこのほど、冊子『はじめての見守り活動ガイド』を田園調布学園大...(続きを読む)

    1月15日号

  • 市立小へ導入足踏み

    フッ化物洗口

    市立小へ導入足踏み 教育

    市教委、コロナ対応優先で

     川崎市教育委員会は、むし歯予防に有効とされる「フッ化物洗口」の市立小学校への導入に向け、年度内に予定していた歯科医らからの意見聴取を見送る方針を示した。コロナ...(続きを読む)

    1月15日号

  • 同機種無線使い連携

    4自治会・町内会

    同機種無線使い連携 社会

    災害時の情報共有ねらい

     複数の自治会・町内会が同機種の無線機を使用することで、被災時に情報を共有できるようにしようという試みが麻生区内で始まっている。昨年12月には4自治会、町内会が...(続きを読む)

    1月8日号

  • 活力あるまちづくりを

    新春インタビュー

    活力あるまちづくりを 社会

    多田区長、2021年を語る

     新年にあたり、本紙では多田貴栄麻生区長にインタビューを行った。多田区長は防災や地域コミュニティーへの取り組み、芸術・文化に対する活動について語った。...(続きを読む)

    1月8日号

  • 麻生に残る牛の歴史

    丑年企画

    麻生に残る牛の歴史 文化

    蘇を作り朝廷へ

     2021年は丑(うし)年。麻生区域内ではかつて、牛が放牧され、乳製品を税として朝廷に納めていたという。麻生と牛の関係が「牛塚」として残され、地元歴史研究家らが...(続きを読む)

    1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

黒川で「ピザ焼き体験」

黒川で「ピザ焼き体験」

GWに野外活動センターで

5月3日~5月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter