麻生区版

トップニュースの記事一覧

  • 「友引」 火葬受け入れへ

    市営2施設

    「友引」 火葬受け入れへ 社会

    夏冬に12日ずつ開場

     市営火葬場のかわさき北部斎苑(高津区)とかわさき南部斎苑(川崎区)では、近年の火葬需要の高まりを受け、今年度から「友引日」の受け入れを本格的に始める。夏場の対...(続きを読む)

  • 初の日本人優勝者に

    昭和音大古海行子さん

    初の日本人優勝者に 文化

    高松国際ピアノコン

     若手音楽家の世界への登竜門「第4回高松国際ピアノコンクール」が3月14日から25日にかけてサンポートホール高松(香川県)で開かれ、昭和音楽大学生の古...(続きを読む)

  • 新栽培アスパラが初出荷

    新栽培アスパラが初出荷 社会

    市・JA「ブランド化に期待」

     区内の黒川地区で、新しい栽培方法を用いて育てられているアスパラガスが初めて収穫を迎えた。高付加価値の生産物として期待されており、3月中旬からJAセレサ川崎の大...(続きを読む)

  • 商業地 堅調に上昇

    麻生区公示地価

    商業地 堅調に上昇 経済

    住宅地は鈍化傾向続く

     全国の住宅地と商業地の公示地価(今年1月1日時点)が、国土交通省から先月公表された。麻生区では計40地点で地価が調査され、新百合ヶ丘駅周辺の商業地では引き続き...(続きを読む)

  • 新百合など4駅で整備

    自転車安全対策

    新百合など4駅で整備 社会

    市が事故抑制へ新方針

     川崎市はこのほど、自転車の利用者が多い新百合ヶ丘駅など市内4駅を特定駅として整備する方針を打ち出した。市内で増加する自転車事故の抑制に向け、専用レーンや駐輪場...(続きを読む)

  • 25年の歴史に幕

    市民主催フリマ

    25年の歴史に幕 社会

    15日、区役所前で

     市民によるフリーマーケット「あさお市」が、4月の開催で最終回を迎える。川崎市内のごみ問題を考える主婦らが始め25年。地域内で不用品を再利用する場としての役目を...(続きを読む)

  • 合同チームで全国V

    ネオホッケー麻生・多摩

    合同チームで全国V スポーツ

    幼児の部も2連覇

     「日本小学生&中高生ネオホッケー選手権&幼児大会」が今月18日、八王子市で行われ、岡上を拠点とする「岡上FBC」と多摩区の「こベントス」による合同チーム「岡上...(続きを読む)

  • 1年で登録数300超

    市民活動団体検索サイト

    1年で登録数300超 文化

    総アクセス数は2万件以上

     麻生区内で活動する市民活動団体の情報を一元化した検索サイトが稼働から4月で1年を迎える。現在、登録数は300件を超えており、サイト利用で多世代が地域の市民活動...(続きを読む)

  • 部活指導員 6月に導入

    市立中

    部活指導員 6月に導入 教育

    教職員の多忙化解消へ

     部活動に携わる市立中学校の教職員の多忙化解消に向け、川崎市は新たに「部活動指導員」制度を2018年度から導入する。外部の指導者が顧問や大会引率などを担える仕組...(続きを読む)

  • 構内で沿線・地域情報提供

    新百合ヶ丘駅

    構内で沿線・地域情報提供 社会

    市、小田急が実証実験

     新百合ヶ丘駅構内に今月8日、沿線の住宅情報や行政の申請書類が取得できる「住まいと暮らしの情報スポット」が設置された。これは小田急グループと川崎市が市民の利便性...(続きを読む)

  • 藤嶋氏が名誉市民に

    藤嶋氏が名誉市民に 社会

    岡本太郎以来、25年ぶり

     文化勲章を昨年受章した中原区在住の化学者、藤嶋昭氏(76)が「川崎市名誉市民」へ――。きょう16日の市議会で議決される見通しだ。51年前に発見した光触媒の研究...(続きを読む)

  • 40年迎えた地域拠点

    市民館岡上分館

    40年迎えた地域拠点 文化

    古き良き交流 そのままに

     麻生市民館岡上分館の建物が今年5月で40年を迎える。建て替えが進む川崎市内の市民館、分館の中で最古となる同館では、今でも施設、地域に愛着を持つスタッフと利用住...(続きを読む)

  • 人種差別条例に刑事罰を

    市民団体

    人種差別条例に刑事罰を 社会

    条例化求め、市に意見書

     市民団体「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」(関田寛雄代表)は3月1日、『実効性ある人種差別撤廃条例の制定を求める意見書』を川崎...(続きを読む)

  • 児童と交流 集大成の公演

    舞台芸術集団山猫団

    児童と交流 集大成の公演 文化

    岡上公会堂で10、11日

     全国で公演活動を行っている舞台芸術集団「山猫団」と地元小中学生による舞台「岡の上のサーカス」が3月10日(土)と11日(日)、岡上公会堂で上演される。3回目の...(続きを読む)

  • 高齢化で70代1.4倍

    民生委員

    高齢化で70代1.4倍 社会

    欠員212人、市が充足へ

     川崎市の民生委員・児童委員のうち70代が551人で約36%を占め、2月26日までおよそ1年で156人増えていることが分かった。市内で必要とされる定数1756人...(続きを読む)

  • 「地域力」診断ツールを作成

    麻生区、田調大

    「地域力」診断ツールを作成 社会

    22項目で課題など可視化

     麻生区と田園調布学園大学は、地域が抱える課題や現状などを住民自身で導き出すことが出来る診断チェックリストの作成を協働で進めている。4月からの本格活用を前に2月...(続きを読む)

  • 改良土 使用再開へ

    川崎市公共工事

    改良土 使用再開へ 社会

    震災後、自粛解除で工費減

     川崎市は東日本大震災直後から使用を控えていた公共工事の埋め戻しで使う改良土について、4月からの使用再開を発表した。震災から7年が経過し、放射性物質濃...(続きを読む)

  • 高齢化対策へ注力続く

    2018年度区予算案

    高齢化対策へ注力続く 政治

    4%増の8億9200万円

     川崎市が過去最大となる一般会計7366億円を含む2018年度予算案を2月6日、発表した。この中で麻生区予算案は8億9206万7千円で、17年度より約3390万...(続きを読む)

  • 「空き家」判定に640軒

    川崎市

    「空き家」判定に640軒 社会

    所有者の意向確認、開始へ

     空き家の実態把握のために川崎市が実施した現地調査の結果が先月公表され、昨秋時点で市内に約640軒の空き家があることが分かった。建物の有効活用に向け、...(続きを読む)

  • 市がまちづくり案策定

    柿生駅周辺地区

    市がまちづくり案策定 社会

    南北一体で活性めざす

     川崎市は1日、「柿生駅周辺地区まちづくりビジョン(案)」を策定した。同地区ではこれまで道路などの整備が進まず、1984年には地区整備構想の策定などが行われてき...(続きを読む)

  • 子ども、経済活性に注力

    川崎市予算案

    子ども、経済活性に注力 経済

    過去最大規模の7,366億円

     川崎市は2月6日、2018年度の予算案を発表した。一般会計は4年連続で過去最大規模となる7366億円(前年度比278億円増)。福田紀彦市長は予算編成の根幹に「...(続きを読む)

  • しんゆりに複合商業ビル

    しんゆりに複合商業ビル 社会

    区役所向かいに 3月末頃

     新百合ヶ丘駅北口の麻生区役所向かいに、新たな複合商業ビルが現在建設中で、3月末頃に完成する。このほど、ビルの名称が「シティモール」に決定。テナントには、飲食店...(続きを読む)

  • 10年迎えた「市民の芸術祭」

    アルテリッカしんゆり

    10年迎えた「市民の芸術祭」 文化

    今後は若手育成も視野に

     新百合ヶ丘周辺の文化施設を中心に、様々な芸術公演を開催する「アルテリッカしんゆり」(川崎・しんゆり芸術祭)の記者発表が1月24日に市役所で行われた。4月に開幕...(続きを読む)

  • 高校生 初の議員体験

    川崎市議会

    高校生 初の議員体験 政治

    「18歳選挙権」意識向上へ

     川崎市議会(松原成文議長)は1月20日、初の取り組みとなる「高校生議会」を開催した。選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことに伴い、高校生の主権者教育のため...(続きを読む)

  • 連覇へ「より攻撃的に」

    川崎フロンターレ

    連覇へ「より攻撃的に」 スポーツ

    地元出身・齋藤選手が加入

     昨年、クラブ創設21年目で悲願のリーグ初優勝を遂げた川崎フロンターレ。連覇を狙うチームの2018年新体制発表会が1月21日、市内のカルッツかわさきで開催され、...(続きを読む)

  • 県優良小規模企業に

    区内片平(株)ナガオシステム

    県優良小規模企業に 社会

    独自の混合装置評価され

     「2017年度 神奈川県優良工場・優良小規模企業者表彰」が17日、県庁で行われ、区内片平にある「(株)ナガオシステム」が優良小規模企業者表彰を受けた。県が、も...(続きを読む)

  • 「在宅」強化 29施設増へ

    川崎市高齢者ケア

    「在宅」強化 29施設増へ 社会

    介護保険法改正で新計画

     川崎市が先月公表した介護や医療に関する新計画案に、高齢者在宅ケア施設を29カ所増設することなどが盛り込まれた。4月施行の改正介護保険法に向け、市は高齢者の自立...(続きを読む)

  • 3割超が出動不要電話

    麻生署110番通報

    3割超が出動不要電話 社会

    緊急対応 支障きたす恐れ

     「110番の日」となった1月10日、麻生警察署が区内で緊急電話110番の適正利用を呼びかけるチラシ配布を行った。同署が対応した昨年1年間の110番通報は約79...(続きを読む)

  • 救急出動 9年連続増

    川崎市

    救急出動 9年連続増 社会

    救急隊、4月に増隊へ

     川崎市内の救急車の出動件数が、昨年1年間で過去最多の6万9318件(前年比879件増)と9年連続して増加した。高齢化や人口増加を見込み、市消防局では来年度から...(続きを読む)

  • 教会の月1食堂 開設1年

    教会の月1食堂 開設1年 社会

    「楽しみながら地域交流を」

     区内下麻生のまぶね教会(石井智恵美牧師)が毎月1回、地域住民らと実施している食事提供の催し「まぶね食堂」が開設から1年を迎える。誰もが参加しやすい仕...(続きを読む)

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク