麻生区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 値上げ難航、経営影響も

    市バス運賃

    値上げ難航、経営影響も 社会

    市、資金不足19億円の試算

     川崎市は10月から、消費増税分のみの市バス運賃値上げに踏み切る。資金不足を補うための値上げは、国の認可が下りず見送った。値上げが今後できないと、2024年度に...(続きを読む)

    9月20日号

  • 「東ルート」有力案 根拠示す

    地下鉄延伸事業

    「東ルート」有力案 根拠示す 経済

    広域集客、バス連携を重視

     2030年の開業を目指す横浜市営地下鉄ブルーラインあざみ野(横浜市青葉区)―新百合ヶ丘間の延伸事業。川崎市内の路線案で有力とする「東側ルート」について、市は新...(続きを読む)

    9月20日号

  • 市内1,700店で始動

    キャッシュレス決済還元

    市内1,700店で始動 社会

    市、観光活用へ導入促進

     「キャッシュレス決済」の消費者向けポイント還元事業が全国で10月から始まり、川崎市内では1674店が事業に加盟している。市は観光客の受け入れ環境整備のため、市...(続きを読む)

    9月13日号

  • 「福祉応援」の思い 麻生でも

    王禅寺フリーマーケット

    「福祉応援」の思い 麻生でも 文化

    田園調布大で11月初開催

     地域の福祉向上と交流拠点づくりを目的に、区内在住の香川和彦さん(62)らが11月に地元主体のフリーマーケットを初開催する。香川さんは多摩区菅で25年以上続くフ...(続きを読む)

    9月13日号

  • 初の「英語」 親しみ重視

    市立小教科書

    初の「英語」 親しみ重視 教育

    市、13教科採択 次年度から

     川崎市教育委員会は先月25日に臨時会を開き、市立小学校で2020年度から4年間使用する13教科の教科書を採択した。5、6年生が初めて使う英語の教科書は東京書籍...(続きを読む)

    9月6日号

  • B級イチゴでワイン

    農業生産法人カルナエスト

    B級イチゴでワイン 経済

    「都市農業活性の一助に」

     麻生区の農業生産法人カルナエスト(山田貢代表取締役)が市内産の規格外イチゴを使ったスパークリングワイン製造を試行している。都市農業に適した果実栽培に付加価値を...(続きを読む)

    9月6日号

  • 助成金低調、利用2割弱

    川崎市ブロック塀撤去

    助成金低調、利用2割弱 社会

    制度の周知進まず

     倒壊の恐れがあるなど危険なブロック塀の撤去を促進するために、川崎市が設けた助成金制度の利用が低調だ。来年3月まで600件の利用を見込むが、8月27日時点で2割...(続きを読む)

    8月30日号

  • 被災想定しカレー提供

    障害者支援施設アルデンテ

    被災想定しカレー提供 社会

    備蓄食料で祭り継続出店

     災害時の避難所設置を想定し、地域活動支援センター「NPO法人アルデンテ」(下麻生)が区内外の祭りに出店を続けている。障害者自身が提供するカレーは、同...(続きを読む)

    8月30日号

  • 市内96人、任期満了へ

    民生委員児童委員

    市内96人、任期満了へ 政治

    高齢化、担い手不足に課題

     民生委員児童委員の一斉改選が12月に行われ、川崎市では96人が任期満了を迎える。前回改選時は再任の年齢要件引き上げで任期満了による退任者はいなかったが、市内の...(続きを読む)

    8月23日号

  • 在宅シニアの集い1周年

    在宅シニアの集い1周年 社会

    延べ260人が参加

     福祉パルあさお(万福寺)で開催している地域の在宅シニア向けサロン「ぐったいむ」が、8月8日に1周年を迎えた。高齢者の社会参画を促す目的で始まり、現在までに26...(続きを読む)

    8月23日号

  • 千人減 早期入居に成果

    特養申請者

    千人減 早期入居に成果 社会

    市、窓口一本化で「見える化」

     市内にある特別養護老人ホーム(特養)の入居申請者数が昨年4月から1年間で約1000人減り、2570人となった。川崎市は施設ごとに申請を受け付ける従来の仕組みを...(続きを読む)

    8月16日号

  • 「休み明け、悩める子に手を」

    「休み明け、悩める子に手を」 教育

    自死遺族団体 18日シンポ

     学校のいじめ問題で息子を亡くした遺族が、子どもの自殺が多い夏休み明けの異変に備えるシンポジウムを8月18日に開催する。主催者は「子どもの苦しみをどうすればいい...(続きを読む)

    8月16日号

  • 「未来都市」に川崎市

    国連SDGs

    「未来都市」に川崎市 社会

    環境施策、将来性など評価

     環境汚染や貧困など課題解決に向け国連が掲げる「SDGs」(エスディージーズ)を推進する自治体として、川崎市が国から「未来都市」に先月選定された。ごみ減量や食品...(続きを読む)

    8月9日号

  • 防空壕からキクラゲ出荷

    区内在住小山仁美さん

    防空壕からキクラゲ出荷 文化

    「戦争の記憶 知る機会に」

     戦時中に作られたとみられる防空壕を活用したキクラゲの栽培が区内栗木で行われている。生産者の小山仁美さん(51)=栗木在住=は「過去にあった戦争のことを食卓で話...(続きを読む)

    8月9日号

  • 洪水対策、ドローン活用へ

    川崎市

    洪水対策、ドローン活用へ 社会

    民間実験に河川提供

     集中豪雨などによる河川氾濫に備え、市民に的確な避難情報を発令するため、川崎市はドローンなどの新技術を活用する方針を固めた。先端技術を持つ民間企業に対し、市内の...(続きを読む)

    8月2日号

  • 活動30年 主催演奏会に幕

    三曲あさお

    活動30年 主催演奏会に幕 文化

    今後は次世代育成に注力

     麻生区在住の奏者らによる市民団体「三曲あさお」が、8月5日(月)に最後の定期演奏会を麻生市民館で開催する。演奏会では体験教室に参加する子どもも成果を披露。同会...(続きを読む)

    8月2日号

  • 事後対応 局単位で検証

    登戸事件

    事後対応 局単位で検証 社会

    市、課題集約し対策反映へ

     多摩区登戸新町で児童らが殺傷された事件を受け、川崎市は多摩区と関係部局による臨時の対策会議を7月9日に開いた。局ごとに事後対応を振り返り、検証結果や課題につい...(続きを読む)

    7月26日号

  • 「夏のイチゴ」収穫に挑戦

    区内の農業生産法人

    「夏のイチゴ」収穫に挑戦 文化

    年間需要見込み、今季から

     冬から春の果物、イチゴを1年通して提供しようと、区内の農業生産法人(株)オアシスファーム(高木伸一代表取締役社長)が今年から夏の栽培に取り組んでいる。すでに週...(続きを読む)

    7月26日号

  • NPO協力で障害者支援

    県タクシー協会川崎支部

    NPO協力で障害者支援 社会

    UD車両普及を後押し

     身体、知的などの障害のある人が付き添いなしでも外出できるよう、県タクシー協会川崎支部が市民団体と配車での受け入れを6月から開始した。支部ではUD(ユニバーサル...(続きを読む)

    7月19日号

  • 全国「手が届く所まできた」

    ベスト更新で関東大会へ 桐光学園水泳部山尾隼人さん(3年)

    全国「手が届く所まできた」 スポーツ

     桐光学園水泳部の山尾隼人さん(3年)が平泳ぎ100、200メートルで3年連続のインターハイ出場を目指し、20日に山梨県で行われる関東大会に挑む。6月の県大会を...(続きを読む)

    7月19日号

  • 外国人相談窓口を拡充

    川崎市

    外国人相談窓口を拡充 社会

    11言語で対応 7月中めど

     4月に施行された「改正入国管理法」の施行を受け、川崎市は市国際交流センター(中原区)の外国人相談窓口を拡充させる。11言語で対応できるよう整備し、早ければ今月...(続きを読む)

    7月12日号

  • 社会貢献者表彰を受賞

    あさお落書き消し隊

    社会貢献者表彰を受賞 社会

    美化と防犯に取組む

     区内の公共物などに書かれた落書き消しを行う団体「あさお落書き消し隊」が、社会貢献者表彰を受賞することになった。同団体は15年前の結成から現在まで、街の美化と犯...(続きを読む)

    7月12日号

  • 秋の4連休 今年も

    川崎市立校

    秋の4連休 今年も 教育

    保護者、教員に「有休」促す

     川崎市教育委員会は、市立学校に平日休業日を設け4連休にする「かわさき家庭と地域の日」を昨年に続き、今年10月も実施する。政府の働き方・休み方改革に関連した「キ...(続きを読む)

    7月5日号

  • 子どもと図書館と30年

    読み聞かせボランティア

    子どもと図書館と30年 文化

    24日に記念イベント

     麻生図書館や区内小学校で活動する読み聞かせボランティア団体「おはなしたまてばこ」が、創立30周年を記念したイベントを7月24日(水)に麻生市民館で開催する。同...(続きを読む)

    7月5日号

  • 危機乗り超え「最後の夏」

    麻生総合高野球部

    危機乗り超え「最後の夏」 スポーツ

    市立川崎と合同で大会へ

     県立麻生総合高校野球部が市立川崎高校(川崎区)野球部との合同チームで夏の甲子園県予選に挑む。部存続の危機を乗り越え、活動を続けてきた麻生総合の5選手は全員3年...(続きを読む)

    6月28日号

  • ヘイト言動に刑事罰

    川崎市

    ヘイト言動に刑事罰 社会

    「罰金50万円以下」盛り込む

     川崎市は今月24日、差別禁止条例の素案を公表し、公共の場所で繰り返し行われる悪質なヘイトスピーチに対して50万円以下の罰金を科すことを盛り込んだ。ヘイト規制条...(続きを読む)

    6月28日号

  • 救う会が募金開始

    心臓の難病南美ちゃん

    救う会が募金開始 社会

    渡米移植へ、2億8千万円

     希少難病の心臓病と闘う生後8カ月の野村南美(みなみ)ちゃん=多摩区在住=の心臓移植手術を実現させようと、「みなみちゃん救う会」が発足。施術に必要とされる2億8...(続きを読む)

    6月21日号

  • 空き家活用し交流場に

    王禅寺みどり町会

    空き家活用し交流場に 社会

    市内初のモデル事業

     区内王禅寺みどり町会が、空き家を活用して町内会館「みどり町会サロン」をオープンさせた。市と川崎市住宅供給公社が連携して行う地域主体の空き家活用事業として、市内...(続きを読む)

    6月21日号

  • 「実効性ある条例を」

    反ヘイト市民団体

    「実効性ある条例を」 社会

    市議会議長に意見書提出

     川崎市が制定を目指す差別禁止条例が現在開会中の議会で一つのヤマ場を迎える。そうした中、刑事罰など実効性のある条例にしてもらおうと、市民団体「ヘイトスピーチを許...(続きを読む)

    6月14日号

  • 若年世代に街の魅力PR

    区民会議元メンバー

    若年世代に街の魅力PR 社会

    区協働事業で冊子作成へ

     今年度の麻生区市民提案型協働事業が市民団体「ホームタウンプロジェクトあさお」による、ふるさとあさお体験冊子づくりに決まった。親子で楽しめる区の魅力を発信し、若...(続きを読む)

    6月14日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ダッチオーブン講習会

ダッチオーブン講習会

野外料理研究家が講師

10月20日~10月20日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第157回 シリーズ「麻生の歴史を探る」禅寺丸柿誕生 後編 文:小島一也(遺稿)

    9月13日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第156回 シリーズ「麻生の歴史を探る」禅寺丸柿誕生 前編 文:小島一也(遺稿)

    9月6日号

  • あさおマンスリー

    9月 September

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    9月6日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク