麻生区版

トップニュースの記事一覧

  • 「在宅」強化 29施設増へ

    川崎市高齢者ケア

    「在宅」強化 29施設増へ 社会

    介護保険法改正で新計画

     川崎市が先月公表した介護や医療に関する新計画案に、高齢者在宅ケア施設を29カ所増設することなどが盛り込まれた。4月施行の改正介護保険法に向け、市は高齢者の自立...(続きを読む)

  • 3割超が出動不要電話

    麻生署110番通報

    3割超が出動不要電話 社会

    緊急対応 支障きたす恐れ

     「110番の日」となった1月10日、麻生警察署が区内で緊急電話110番の適正利用を呼びかけるチラシ配布を行った。同署が対応した昨年1年間の110番通報は約79...(続きを読む)

  • 救急出動 9年連続増

    川崎市

    救急出動 9年連続増 社会

    救急隊、4月に増隊へ

     川崎市内の救急車の出動件数が、昨年1年間で過去最多の6万9318件(前年比879件増)と9年連続して増加した。高齢化や人口増加を見込み、市消防局では来年度から...(続きを読む)

  • 教会の月1食堂 開設1年

    教会の月1食堂 開設1年 社会

    「楽しみながら地域交流を」

     区内下麻生のまぶね教会(石井智恵美牧師)が毎月1回、地域住民らと実施している食事提供の催し「まぶね食堂」が開設から1年を迎える。誰もが参加しやすい仕掛けなど、...(続きを読む)

  • 病床、在宅医療に重点

    かわさき保健医療プラン

    病床、在宅医療に重点 社会

    新計画、3月末策定へ

     川崎市は現在、2018年度から6年間の川崎市医療、保健の基本指針となる「(仮称)かわさき保健医療プラン」の策定を進めている。団塊の世代が75歳以上となる202...(続きを読む)

  • 新たな取組みで課題に対応

    北沢区長新春インタビュー

    新たな取組みで課題に対応 政治

    産・学との連携で魅力向上も

     2018年の年頭にあたり、タウンニュース麻生区版では北沢仁美区長にインタビューを実施した。昨年の振り返りから区の印象、今年の重点施策などを聞いた。(聞き手/本...(続きを読む)

  • 多刀流への挑戦

    はるひ野中3年渡部春雅さん

    多刀流への挑戦 スポーツ

    「世界の選手とも戦いたい」

     はるひ野中学校3年の渡部春雅さん(14)が、1月14日(日)に京都府で開催される「皇后杯 第36回全国女子駅伝」神奈川県チームメンバーに初選抜された。渡部さん...(続きを読む)

  • 150万人都市 躍進へ

    150万人都市 躍進へ 政治

    福田市長 新年の展望語る

     2018年の幕開けにあたり、本紙では福田紀彦川崎市長に恒例の新春インタビューを行った。2期目を迎えた福田市長は、子育て支援や力強い産業都市づくり、ヘイトスピー...(続きを読む)

  • 工事再開 35億円増に

    等々力硬式野球場

    工事再開 35億円増に 経済

    土壌改良 3年後完成へ

     廃棄物混じりの土などが見つかり改築工事が中断している等々力硬式野球場(中原区)について、川崎市は土壌改良などに対する費用として約35億9千万円の増額...(続きを読む)

  • 2年で104件増加

    麻生署管内交通事故

    2年で104件増加 社会

    抑止へ対策急務

     麻生警察署によると、同署管内の今年1―11月の交通事故件数は388件にのぼり、一昨年同時期の284件と比較すると、104件増。昨年同時期の329件からも59件...(続きを読む)

  • 新庁舎 25階建てに

    川崎市

    新庁舎 25階建てに 社会

    各部署を集約

     川崎市は本庁舎等の建て替えについて、新本庁舎の基本設計を先月24日公表した。地下2階、地上25階の構造で、これまで複数の建物に分散していた部署が本庁舎を中心に...(続きを読む)

  • 緑化・保全計画改定へ

    川崎市

    緑化・保全計画改定へ 社会

    10年で200ha増めざす

     川崎市内緑化推進と緑保全を掲げた10カ年の基本計画案を、市が公表した。1995年の策定以来、2度目の改定。緑化や保全活動の後継者不足など課題を踏まえ、市は20...(続きを読む)

  • 川崎F、奇跡の逆転初V

    川崎F、奇跡の逆転初V スポーツ

    創設21年目で悲願達成

     サッカーJ1の最終節が今月2日、各地で行われ、地元、川崎フロンターレが奇跡の逆転優勝を果たした。クラブ創設21年目にして初となるJ1タイトルを獲得。...(続きを読む)

  • 30年間の空き地を利活用

    30年間の空き地を利活用 文化

    金程の市有地 憩いの場に

     長年空き地となっていた区内金程の市有地が大学の研究室と地域住民らによって、新たに自由広場として整備された。「カナドコロ」と名付けられたこの場所を活用した取り組...(続きを読む)

  • 課題踏まえ 再度運行実験

    岡上西コミュニティ交通

    課題踏まえ 再度運行実験 社会

    ルートや採算 解決なるか

     タクシーを活用し、昨年9月に運行実験が行われた岡上西地区でのコミュニティ交通で、今日1日から来年3月8日までの約3カ月間、再度運行実験が行われる。前回浮かび上...(続きを読む)

  • 待機児童374人、3倍超

    待機児童374人、3倍超 社会

    市内申請者 初の3万台に

     認可保育所に入れない川崎市内の待機児童が、10月1日時点で374人だったと市が公表した。利用申請者数は前年比2234人増の3万1527人で、初めて3万台に到達...(続きを読む)

  • 子ども食堂の状況を調査

    市民団体と専修大生

    子ども食堂の状況を調査 社会

    活動の継続性などに課題

     市民団体と大学生グループが、川崎市内で活動している子ども食堂の情報を収集し、アンケートを実施した。開催規模や活動の内容が集約されたほか、貧困家庭への...(続きを読む)

  • 移動販売で高齢社会に一手

    ローソン・JAなど

    移動販売で高齢社会に一手 社会

    東百合丘でスタート

     株式会社ローソン、JAセレサ川崎、麻生区商店街連合会などが今月16日、東百合丘1丁目地区で移動販売事業をスタートさせた。同地区では高齢化が進み、「買い物が不便...(続きを読む)

  • 「健康遊具」公園に増加

    「健康遊具」公園に増加 社会

    市、4年間で44基設置

     川崎市内の公園や緑地で今、ぶら下がり器などの健康遊具が増えている。市が2016年度までに設置した健康遊具は、市内77施設に229基。少子高齢化を背景に高まる住...(続きを読む)

  • オール電化で1日6千食

    北部給食センター

    オール電化で1日6千食 教育

    12月から中学が完全給食

     麻生区栗木に建築された川崎市北部学校給食センターが、12月1日から中学校給食の提供を開始する。麻生区と多摩区の市立中学校に1日6000食を提供する同センターで...(続きを読む)

  • 通勤ラッシュの混雑解消へ

    小田急電鉄新ダイヤ

    通勤ラッシュの混雑解消へ 経済

    しんゆり―新宿 30分圏内に

     小田急電鉄(株)が11月1日、東京都内で星野晃司取締役社長による記者会見を行い、来年3月からの新ダイヤなどを発表した。構想から約50年、登戸駅から新宿駅までの...(続きを読む)

  • 奇跡の逆転リーグ制覇へ

    ルヴァン杯準V川崎F

    奇跡の逆転リーグ制覇へ スポーツ

    サポーター「信じて応援を」 

     JリーグYBCルヴァンカップ決勝が11月4日、埼玉スタジアム2002で行われ、川崎フロンターレは準優勝で大会を終えた。悲願の優勝はならなかったが、リ...(続きを読む)

  • 水曜ノー残業9割超

    川崎市職員

    水曜ノー残業9割超 社会

    長時間勤務 実態とズレも

     川崎市は今年5月から水曜日の完全定時退庁を実施するなど、働き方改革として市職員の長時間勤務の是正に本腰を入れている。6月の水曜日は9割超の職員が定時退庁した。...(続きを読む)

  • 里山アートで魅力発信

    黒川地区

    里山アートで魅力発信 文化

    作家や多摩美大生も参加

     今も里山の田園風景が残る区内黒川地区を活性化させようと、一昨年から行われている「黒川里山アートプロジェクト」が今月1日に始まり、30日(木)まで開かれている。...(続きを読む)

  • 福田氏 40万票で再選

    川崎市長選

    福田氏 40万票で再選 政治

    歴代最多得票、2氏破る

     任期満了に伴う川崎市長選挙が10月22日に投開票され、無所属で現職の福田紀彦氏(45)が川崎市長選挙過去最多の得票数となる40万票超を獲得し、いずれ...(続きを読む)

  • 新体操全日本ジュニア初V

    麻生中3年森谷選手

    新体操全日本ジュニア初V スポーツ

    各種目で安定した演技

     「第35回全日本ジュニア新体操選手権大会」が今月6日から8日、千葉県で行われ、麻生中学校3年の森谷祐夢選手(14)=国士舘ジュニアRG所属=が男子個人で初の総...(続きを読む)

  • 食育推進に987万円

    川崎市補正予算

    食育推進に987万円 政治

    国の補助523万円活用へ

     都市農業を生かした食育を推進しようと、川崎市は農林水産省による補助金制度の活用を見込み、9月補正予算で農林業振興費に約771万円、教育費に216万円の計987...(続きを読む)

  • しんゆりに交流拠点開設

    地元商店会と街づくり財団

    しんゆりに交流拠点開設 文化

    11月末完成 来春本格稼働へ

     新百合ヶ丘商店会と一般財団法人川崎新都心街づくり財団が、地域交流と商業活性を目的とした新施設「しんゆり交流空間 リリオス」の建設を新百合ヶ丘駅南口で進めている...(続きを読む)

  • 若手農家 市民と意見交換

    かわさき農業サミット

    若手農家 市民と意見交換 経済

    都市部での営農課題共有

     市内の若手農家が都市農業の現状や課題を市民と共有することなどをテーマにした「かわさき農業サミット」が9日、麻生市民交流館やまゆりで初開催された。ディスカッショ...(続きを読む)

  • 新定義導入で 増加へ

    川崎市待機児童

    新定義導入で 増加へ 教育

    産休・育休中331人対象に

     川崎市内で保育を希望する待機児童について、市は10月1日時点の集計に厚生労働省が通知した「新定義」の適用を検討している。育児休業中でも復職の意思があれば、待機...(続きを読む)

最近よく読まれている記事

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

伝統の「能楽」気軽に体験

伝統の「能楽」気軽に体験

市民館で全3回講座

1月30日~2月13日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

お問い合わせ

外部リンク