麻生区版 掲載号:2022年6月10日号 エリアトップへ

市政報告 気になる「空き家」ありますか?〜まちづくり委員会・北九州市の視察から〜 みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

掲載号:2022年6月10日号

  • LINE
  • hatena

 令和4年度は、まちづくり委員会に所属し、副委員長に就任しました。この1年、新しい価値を生み出すまちづくりを目指して活動していく所存です。

空き家対策の必要性

 5月に、約2年ぶりの委員会視察を実施しました。目的は「空き家対策」です。管理が行き届かない空き家は、樹木の繁茂やカラス・ネズミ等の巣窟、ごみの不法投棄や不審火、災害時の倒壊等々、様々な形で環境に悪影響をもたらすリスクがあります。

 現在、空き家率は全国平均で13・6%、年々上昇傾向にあります。視察先の北九州市は、空き家率が高い自治体です(15・8%)。利活用から除去・安全管理まで、空き家の立地条件と老朽化の進み具合に応じた対策を打ち出すほか、駅から1キロ圏内の好立地の個々の空き家の利活用を優先的に進めるほか、面的な対策も講じています。自治体がどこまで関わるかなど難しい問題も含んでいるようでしたが、住みやすいまちを模索する手法には、学ぶところが沢山あります。

市内空き家率No.1

 川崎市の空き家率は全国平均を下回っていますし、推移も横ばいです。そのため、空き家対策は市民への意識啓発や民間の不動産流通に委ねています。しかし、麻生区だけをみると、市内で空き家率が一番高く、10%を超えています。市内で一番高齢化率が高く、昭和〜平成の主流だった郊外型の住宅地が多く、近い将来、空き家問題の深刻化が予想されます。

最初の2年がカギ

 本市は全国でも比較的地価が高いので、不動産流通でカバーするのも一つの考え方ですが、今後の人口減少(2030年以降)や高齢化の加速により、需給バランスが崩れることが想像できます。住居に対する意識も世代や時代により変化しつづけています。利活用するなら、空き家になってから1、2年がタイムリミットだというお話も視察先で伺いました。早めの対策が必要です。ご近所で管理不全の空き家を見かけましたら、ぜひお知らせください。

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

TEL:044-200-3355

http://suzuki-tomoko.mints.ne.jp/

川崎市(住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金)

川崎市 住民税非課税世帯などに対する臨時特別給付金(10万円)の申請期限迫る!

https://www.city.kawasaki.jp/350/cmsfiles/contents/0000136/136192/sinseikigen.pdf

<PR>

麻生区版の意見広告・議会報告最新6

しんゆりシャトル、再び〜オンデマンド交通による暮らしの再編〜

市政報告

しんゆりシャトル、再び〜オンデマンド交通による暮らしの再編〜

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

8月19日号

消防団の活動PRに広報誌を

連載96

消防団の活動PRに広報誌を

みらい川崎市議会議員団 こば りか子

8月5日号

大転換期を迎える川崎臨海部交通インフラ整備が発展の鍵

連載95

大転換期を迎える川崎臨海部交通インフラ整備が発展の鍵

みらい川崎市議会議員団 こば りか子

7月29日号

オンライン弁護士相談、試行スタート〜市民ニーズに沿った相談体制を〜

市政報告

オンライン弁護士相談、試行スタート〜市民ニーズに沿った相談体制を〜

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

7月8日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook