川崎区・幸区版 掲載号:2012年12月21日号
  • googleplus
  • LINE

衆院選10区 田中氏、6度目の当選 財務相の城島氏及ばず

支持者らと万歳する田中氏(左から2番目)
支持者らと万歳する田中氏(左から2番目)

 16日に投開票された衆議院議員総選挙で、5人が立候補した神奈川第10区(中原区・幸区・川崎区)は、自民党の田中和徳氏が6度目の当選を果たした。得票数は10万4994票で、財務大臣で民主党の城島光力氏に4万票以上の差をつけ圧勝。みんなの党・久米英一郎氏、日本維新の会・石川輝久氏、共産党・中野智裕氏も議席を獲得できなかった。

 田中氏の事務所では、開票が始まる午後8時頃から支持者が続々と集まり、TVで情勢を見守った。田中氏も9時頃事務所に現れ支持者とともに状況を見守っていたが、9時10分すぎに当確が知らされると事務所内は歓喜にわき、周囲からの握手の求めに応えた。

 挨拶にたった田中氏は「最近、日本の未来に不安を感じるという声を多く聞く。自民党の過去の反省も踏まえ、ここをスタートに新しい自民党を作っていかなければならない。一人ひとりの思いを受け止め地元の発展とともに、環境・財政・都市政策の分野で貢献し、明るい希望のある日本を作っていく」と力強く語った。

 一方、比例復活もならなかった城島氏の事務所は沈滞ムードに包まれた。城島氏は「期待に応えられず申し訳ない。有権者には、マニフェスト全てが実行できなかったと捉えられてしまった」と集まった支持者らに敗戦の弁を述べた。

 小選挙における投票率は中原区61・50%、幸区60・42%、川崎区53・92%といずれも前回を下回った。
 

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン30万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6件

条例制定に向け集会

反ヘイト市民団体

条例制定に向け集会

2月16日号

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

市初、防災空地が完成

川崎区小田

市初、防災空地が完成

2月9日号

高校生 初の議員体験

川崎市議会

高校生 初の議員体験

2月2日号

電車でまぐろ、野菜販売

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン35万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク