川崎区・幸区版 掲載号:2015年1月23日号 エリアトップへ

川崎宿発祥伝説 三角おむすびでまちおこし レシピ募集 商品化も視野

社会

掲載号:2015年1月23日号

  • LINE
  • hatena
葵の紋章と三角おむすび
葵の紋章と三角おむすび

 市民有志が東海道川崎宿の歴史を知ってもらおうと、「東海道川崎宿2023まつり」を企画している。その中で同宿発祥といわれる「三角おむすび」に着目したレシピコンテストを開催。最終的に「川崎名物として商品化できれば」と夢を膨らませる。

 三角おむすびは、江戸時代の徳川吉宗一行が川崎宿に宿泊した際、徳川家の葵の紋章に見立て、それまで丸く握っていたおむすびを三角形にし、丸い盆に3つ並べて提供したことがきっかけといわれている。

 この伝承を活用し、地域活性を図ることを目的にしたのが「三角おむすびレシピコンテスト」だ。

 企画したのは市民有志で構成される「東海道川崎宿2023まつり実行委員会」(池田ハルミ実行委員長)。同実行委員会では東海道川崎宿が成立した元和9年(1623年)から400年目の2023年に向けたまつりを4月5日に開催。「三角おむすびコンテスト」は、その中の目玉に据える。

 コンテストは市内からレシピを広く募り、書類審査を通過した作品をまつり当日に再現。投票券付きで販売し、優勝や入賞レシピを決める。入賞作に関しては商品化に向け、レシピを公開。「川崎名物として商品化に結び付ければ」と同実行委員会では夢を膨らませる。

 応募対象は、市内在住、在勤、在学者。おむすびは三角形であることと、サイズが大人の拳程度(ご飯120グラム)であることが条件。応募期間は2月16日から3月15日まで。書類審査は3月中旬に実施される。

 詳細、問い合わせは、事務局の川崎区役所地域振興課(【電話】044・201・3136)か川崎区役所ホームページへ。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

「農地を守れ」JAと協定

川崎市

「農地を守れ」JAと協定 社会

税優遇制度周知へ

5月14日号

2カ所増設で4施設に

認知症疾患医療センター

2カ所増設で4施設に 社会

早期発見、治療へ体制拡充

5月14日号

2年遅れ、事業費59億増

京急大師線立体交差

2年遅れ、事業費59億増 社会

地盤強度不足、追加工事で

5月7日号

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

万年筆絵 描き続け10年

幸区在住小林さん

万年筆絵 描き続け10年 社会

A6ノートに1200点

4月30日号

福祉プラザに活動拠点

幸区保護司会

福祉プラザに活動拠点 社会

面談や情報共有の場に

4月23日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter