川崎区・幸区版 掲載号:2016年11月25日号 エリアトップへ

(PR)

子どもの食物アレルギー 良くなるための大切なポイントがあります 川崎臨港病院小児科・山口賢一医師

掲載号:2016年11月25日号

  • LINE
  • hatena

 わが子が食物アレルギーを疑われたら、とても心配になりますよね。そこで、総合川崎臨港病院小児科のアレルギー専門医 山口賢一医師のお話を伺いました。

 「食物アレルギーはめずらしくなく、1歳の頃には10人にひとりくらいです。大人の食物アレルギーよりも治りやすくて、およそ9割のお子さんは制限食をやめられるそうです」

 すこし安心しましたね。治すためのポイントがあれば教えて下さい。

 「お子さんに湿疹や長引く咳(せき)などのアレルギー症状があれば、必要な治療を受けて出来るだけ早く良くしてあげることです。また、1歳から5歳くらいにかけて食物を消化する能力などが成長するので、その時期に少しずつ食べられる食品の種類や量を増やしてゆくことも大切です」

 なるほどですね。でも、いつから何を食べさせたら良いか、イメージ出来ない場合はどうしたら良いでしょうか。

 「そんな時には、小児科の医師に相談してみてはいかがでしょう。きっと、良いアドバイスを貰えますよ」

 鶏卵と乳製品と小麦のように多く(3種類以上)の食物にアレルギーがある、あるいは、強い症状(全身の湿疹や呼吸困難など)を経験したことがあるお子さん​なら、専門医への相談を考慮しても良いかも知れませんね。​
 

総合川崎臨港病院

川崎市川崎区中島3-13-1

TEL:044-233-9336

http://rinko.or.jp

川崎区・幸区版のピックアップ(PR)最新6

「子どもたちから力もらう」

森田和幸さん

「子どもたちから力もらう」

わくわくスタッフ募集(さくら・大島・東大島)

6月11日号

区内認証事業者を市政だより区版で紹介

「かわさきSDGsパートナー制度」

区内認証事業者を市政だより区版で紹介

幸区役所

6月11日号

女性の権利問題に助言

女性の権利問題に助言

6月23日限定、無料電話

6月11日号

健康長寿の社会目指す

UDタクシー

健康長寿の社会目指す

川崎タクシーグループ

6月11日号

かわさき こどもタウンニュース

注入だけの若返りシワ治療

症例6万件の実績 プレミアムPRP皮膚再生療法 Q&A

注入だけの若返りシワ治療

6月4日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter