川崎区・幸区版 掲載号:2017年6月30日号 エリアトップへ

ヘイトとの闘いを本に 市民団体が出版

社会

掲載号:2017年6月30日号

  • LINE
  • hatena
出版した本を手にする山田さん
出版した本を手にする山田さん

 市民団体「ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットワーク」はこのほど『根絶!ヘイトとの闘い 共生の街・川崎から』(緑風出版)を出版した。「新聞の見出しやテレビ画面でしかヘイトスピーチを知らない方に、手に取っていただきたい一冊。マイノリティーの痛さ、辛さ、悔しさ実感していただきたい」と同ネット事務局の山田貴夫さんは語る。

 同ネット結成のいきさつから川崎市、市議会、裁判所、法務省、警察、国会への働きかけの記録を同ネットに関わる当事者や識者7人が10章に分けて綴る。

 山田さんによると、要望書など原文のまま掲載し、運動のプロセスが分かる。ヘイトスピーチの被害者当事者・崔江以子さんが担当した章は「当事者ならではの迫力ある筆致で読みごたえある」。法務局勧告やヘイトデモ禁止仮処分命令については、「同ネットの取り組みの成果」と強調する。

 川崎市は現在、市内の公的施設でのヘイトスピーチを事前抑止する指針案を出している中、同ネットはガイドラインの重要性を認識しつつ、「あくまでも審査基準。根拠になるものが必要」とし、「人種差別撤廃条例」の制定を求めている。同書では条例の必要性についても丁寧に説明する。

 四六判。237ページ。1900円税別。書店で販売するほか、社会福祉法人青丘社(【電話】044・288・2997)でも取り扱っている。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

門前町 コロナで人まばら

門前町 コロナで人まばら 社会

売り上げ激減、商店悲鳴

1月22日号

「夫婦別姓」求め始動

幸区在住岡田さん

「夫婦別姓」求め始動 社会

市議会意見書可決めざす

1月22日号

幸区にSDC(ソーシャルデザインセンター)開設

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 社会

感染防止へマスク会食も訴え

1月8日号

清水さん、須山さん認定

かわさきマイスター

清水さん、須山さん認定 経済

プラ塗装、そば分野で高評価

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク