川崎区・幸区版 掲載号:2017年8月18日号 エリアトップへ

「ぴんぴんころりの人生を」 9月から講座開始

社会

掲載号:2017年8月18日号

  • LINE
  • hatena
勉強会を主催する古場さん(左)とメンバー
勉強会を主催する古場さん(左)とメンバー

 さいわい活動支援協議会(古場敏光代表)と市教委は、一日でも長く介護などを受けず自立した生活を送り、寿命を全うする「ぴんぴんころり」を実現するための勉強会を9月8日(金)から幸市民館で始める。

 同協議会は「元気な市民団体」を増やそうと2014年から活動。60代から80代の幸区民8人で構成する。

 同協議会は区民へのアンケートで「ぴんぴんころり」を実現したいと思っている人が多かったため、2015年から医療関係者や栄養士、町内会長らを招いた勉強会を実施。第3弾のテーマは「『夢』から『実現』へ 大人のカタリ場」。地域包括支援ケアセンターや老人クラブ関係者、行政書士などを講師に招き、参加者同士で感想を述べ、ぴんぴんころりの実現のための活用や実行法を話し合う。

 古場代表は「ぴんぴんころりを実現するために、地域で支え合えるよう本音で話し合う場ができることが大事。参加した人が地域でそれぞれ話し合う場を持ってもらえれば」と話す。

 無料。全6回。9月8日、10月13日、11月17日、12月15日、2018年1月12日、2月9日の金曜。午後2時から4時。

 申し込みや問い合わせは幸市民館(【電話】044・541・3910)。
 

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

「ボラ経験なし」7割

幸区内高校

「ボラ経験なし」7割 社会

興味ありは半数強

9月17日号

SDGs制度398者に

SDGs制度398者に 社会

市パートナー、第2回で

9月17日号

市民ミュージアム取り壊し

市民ミュージアム取り壊し 文化

日程は未定 移転再建へ

9月17日号

アシストパスで新基金

バスケB1川崎

アシストパスで新基金 社会

今季、次世代の競技振興に

9月17日号

夏の感動をもう一度

ミューザ川崎

夏の感動をもう一度 文化

ダイジェスト映像公開

9月17日号

拉致問題、理解深めて

拉致問題、理解深めて 社会

10月2日 市民のつどい

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook