川崎区・幸区版 掲載号:2018年3月23日号 エリアトップへ

レシピコン 名物おむすびはどっち? 4月1日、稲毛公園で決選投票

文化

掲載号:2018年3月23日号

  • LINE
  • hatena

 市民、行政などでつくる東海道川崎宿2023まつり実行委員会(池田ハルミ実行委員長)は今月15日、「第4回東海道川崎宿三角おむすびレシピコンテスト」の決選投票に進出する2作品を決定した。4月1日(日)に稲毛公園(川崎区宮本町)で開催される「東海道川崎宿2023まつり」で販売。購入者などの投票で優勝作品を決める。

 東海道川崎宿三角おむすびレシピコンテストは、東海道川崎宿が発祥とされる三角おむすび(御紋むすび)伝説を活かし、川崎名物の三角おむすびをつくりだそうと、2015年から毎年行われている。

 実行委員会によると、昨年12月中旬から2月末日までレシピを公募。集まった作品の中から書類審査を行い、残った5作品から試食会で決選投票に進出する2作品を選んだ。

 「都結びおむすび」は、川崎区の迫直美さんが考案。東海道川崎宿が東京と京都の2つの都を結ぶことから、東京のべったら漬けと京都のちりめん山椒を具材にした作品。

 「かわさき餃子みそチーズおむすび」は中原区の東森雅子さんのアイデア。川崎餃子舗の会が開発したミソだれと角切りにしたミニチーズを使用し、のりで川崎の川を表現。

 決選投票は4月1日、稲毛公園で行われる「東海道川崎宿2023まつり」の会場内にブースを設けて実施する。両作品の入った投票用紙付きのおむすび2個1パックを200円、200個限定で販売し、購入者と審査委員による投票で優勝作品を決める。販売は午前10時から。

懐かしの体験満載

東海道2023まつり


 東海道2023まつりは午前10時から午後3時まで開催。雨天決行。

 三角おむすびレシピコンテストのほか、麦わら細工ハガキ作成や版画作成、着物の着付け、駕籠かき、昔遊び体験が行われる。ステージではガマの油売りやういろう売りの口上、バナナのたたき売り、漫才、マジックショーが披露。三角おむすび伝説が分かるパネルシアターも行われる。市内銘菓品、市内農産物の販売や麦こがし、豚カルビ丼の販売、フリーマーケットが出店する。

 実行委員会はフェイスブックページを開設し、イベントと三角おむすびレシピコンテストをPRしている。投稿をシェアし、当日会場に足を運んだ人に「三角おむすび発祥の地ストラップ(木製)」=写真=をプレゼントする特典もある。https://www.facebook.com/kawasakijuku2023/

隣接、稲毛神社で稲荷講さくらまつり

 会場に隣接する稲毛神社(市川緋佐麿宮司 【電話】044・222・4554)では「稲荷講さくらまつり」を午前11時から開催。同神社境内にある堀田稲荷神社、第六天神社の例祭で商売繁昌と技芸上達を祈願する。豪華景品が当たるビンゴ大会をはじめ、フラダンス、よさこい、腹話術、大旗振りなどが披露。小学生以下先着100人に菓子がプレゼントされる。
 

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

ヘイトクライム対策要望

ヘイトクライム対策要望 社会

ふれあい館館長ら、古川法相に

5月13日号

100周年へ会員増に意欲

沖縄県人会金城会長

100周年へ会員増に意欲 文化

運動、ライブなど交流事業再開へ

5月13日号

新しい福祉拠点始動

川崎区桜本

新しい福祉拠点始動 社会

「みんなの家」 孤立、貧困対策

5月6日号

防災訓練、若手参加へ一手

幸区

防災訓練、若手参加へ一手 社会

親子向け宿泊体験

5月6日号

「未来体験空間に」

JFE扇島地区

「未来体験空間に」 社会

「災害拠点にも」市が中間報告 

4月29日号

政策コンテストで優勝

幸区在住榊原さんら

政策コンテストで優勝 社会

子どもの進路等、AI活用

4月29日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook