川崎区・幸区版 掲載号:2018年10月12日号 エリアトップへ

飛鳥とナスカの謎に挑む 田町・成澤さん本出版

文化

掲載号:2018年10月12日号

  • LINE
  • hatena
著書を手にする成澤さん
著書を手にする成澤さん

 川崎区田町在住の成澤昭徳さん(76)が、古代史をテーマにした歴史ミステリー風小説『飛鳥伝説』(文芸社)を今月15日に刊行する。

 成澤さんは昨年の夏、文芸社が作品を募集していたところに原稿を応募。同社の目に留まり、今年2月に出版が決まった。

 16年ほど前から古代史に興味を持ち始めた成澤さん。6年前、日本の「飛鳥」文化と地上絵で有名な「ナスカ」文化には、発音の類似から何か共通点があるのではというユニークなアイデアを発想。長野県の諏訪大社や奈良県の法隆寺、京都府の下鴨神社など全国の神社仏閣を巡りヒントを探りながら、6年の歳月をかけて作品を完成させた。

 成澤さんは「都市伝説として謎解きを楽しみながら読んでほしい。実は表紙にもヒントが隠されています」と話す。

 本書は四六上判136ページで税抜1200円。有隣堂アトレ川崎店、北野書店ほか、通販サイトの楽天などで販売する。

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

若宮で再び献血

若宮で再び献血 社会

 31日、限定御朱印、記念品も

10月22日号

市バスマップが完成

市バスマップが完成 社会

安全利用のポイントも掲載

10月22日号

銀座街で体験イベント

23、24日

銀座街で体験イベント 経済

ワークショップ、VR体験

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

水道の歴史探る企画展

川崎市給水開始100年

水道の歴史探る企画展 文化

溝口・ふるさと館で

10月22日号

伝統芸能「講談」に親しむ

伝統芸能「講談」に親しむ 文化

17日、交流館で

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook