川崎区・幸区版 掲載号:2020年11月13日号 エリアトップへ

臨海部活性へ投資促進策 市が制度案公表

社会

掲載号:2020年11月13日号

  • LINE
  • hatena
産業が集積する川崎臨海部
産業が集積する川崎臨海部

 川崎市は臨海部の工場の操業環境の向上や産業競争力を強化させるための投資促進制度を創設する。このほど制度案を公表し、12月11日まで意見公募(パブリックコメント)を行い、来年4月からの一部運用を目指す。

 臨海部をめぐっては、創業から数十年が経過し、設備老朽化が深刻であるにもかかわらず、大規模投資を行えずにメンテナンスを繰り返す工場がある▽稼働を停止している製造ラインが放置されたままとなっている▽敷地内に大規模な遊休地などの増加--といった課題が指摘されている。

 「今後、企業撤退のリスクが増加し、災害対応力の低下を招く恐れがある」と市の担当者はいう。また、川崎市の二酸化炭素(CO2)の排出量は産業系が約7割を占め、老朽化した設備をメンテナンスだけで稼働させてしまうと、温室効果ガスの排出量削減に向けた取り組みの停滞にもつながる。

 市税収入の減少は深刻だ。2018年度の市の法人への課税額約1056億円のうち、川崎臨海部の課税額は約396億円で約4割を占める。1995年に比べ償却資産にかかる固定資産税の収入は40億円減少しており、状況に歯止めをかけなければ、今後市民サービスの低下につながりかねないとしている。

 このほど示された制度案では、【1】設備投資促進の補助金を支給する制度【2】土地利用に関する奨励金制度の創設【3】企業誘致のための補助制度の創設などを盛り込んだ。このうち、【1】と【2】については今年度中に制度を構築し、来年4月から運用を開始。【3】については2022年度以降に制度を施行するとしている。また、制度は5年間の時限的措置として効果や課題を検証しその後のあり方につなげていくとしている。

 制度案は、市ウェブサイトや区役所、図書館などなどで閲覧できる。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

幸区にSDC(ソーシャルデザインセンター)開設

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 社会

感染防止へマスク会食も訴え

1月8日号

清水さん、須山さん認定

かわさきマイスター

清水さん、須山さん認定 経済

プラ塗装、そば分野で高評価

1月8日号

取扱量増へ 整備加速

川崎港

取扱量増へ 整備加速 社会

躍進へキックオフの年に

1月1日号

「利他」の心 好循環へ

「利他」の心 好循環へ 社会

福田市長、2021年を語る

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク