川崎区・幸区版 掲載号:2021年6月11日号 エリアトップへ

【Web限定記事】バスケB1 川崎、ファンと結束強め 感謝祭に1400人超

スポーツ

掲載号:2021年6月11日号

  • LINE
  • hatena
会場を一周する選手ら=5日
会場を一周する選手ら=5日

 バスケットボール男子・Bリーグ王者を決める先月のチャンピオンシップ(CS)をベスト4で終えた川崎ブレイブサンダース。ホームの川崎市とどろきアリーナで今月5日、感染対策のもとファン感謝祭を開催し、1426人の参加者と交流を深めた。

 当日は「大運動会」と称し、選手やコーチらが2チームに分かれて「三輪車リレー」や「目隠しフリースロー対決」など5種目で対戦。ユーモアを交えた真剣勝負に、会場は終始盛り上がりをみせていた。終盤には今季限りで退団する青木保憲選手、大塚裕土選手らがあいさつし、辻直人選手のビデオメッセージが大型ビジョンに映し出された。佐藤賢次ヘッドコーチ(HC)は「最高のチームだった」と今季を振り返り、「皆さんと共に成長し、強くなってきた。来シーズンはまた新しいチームとして皆さんと一緒に強くなっていく」と、ファンに向けて感謝と決意を表した。

 平塚市から訪れた萩原未央さん(31)は「選手たちの和気あいあいとした姿を見るのは楽しかった。試合中も声を出せない大変なシーズンで、最後は悔しい結果だったけれど、締めは笑顔で終われてよかった」とすがすがしい表情をみせた。

市長へ成果報告

 3日には、元沢伸夫社長と佐藤HC、主将の篠山竜青選手が市庁舎を訪問。福田紀彦市長に天皇杯優勝など1年間の成果を報告した。篠山選手は「コロナの中、川崎の皆さんと諦めずに戦い抜けたのは自信になる。感謝したい」と強調。福田市長は「前を向いて次に突き進む戦いぶりがすばらしかった」と語った。

3日に市庁舎を訪れた元沢社長(右)ら一同
3日に市庁舎を訪れた元沢社長(右)ら一同

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

養護施設に洋食提供

養護施設に洋食提供 社会

川崎マリーンRC

6月18日号

アサガオでおもてなし

大島小

アサガオでおもてなし 教育

東京オリ・パラに向け

6月18日号

市民祭り開催断念

市民祭り開催断念 文化

60万人規模 安全確保難しく

6月18日号

地元選出議員が登壇

地元選出議員が登壇 社会

市議会 18日から一般質問

6月18日号

香辛子を大学生がPR

香辛子を大学生がPR 教育

市職員らと意見交換

6月18日号

シマウマのミドリ、天国へ

夢見ヶ崎動物公園

シマウマのミドリ、天国へ 社会

22日まで献花受付

6月18日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter