川崎区・幸区版 掲載号:2021年8月27日号 エリアトップへ

県政報告 報告「新型コロナ感染症対策特別委員会」より 県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

掲載号:2021年8月27日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県議会には常設の8つの「常任委員会」とは別に、必要に応じて特定の事件を審査・調査する「特別委員会」があります。通常は1年限りですが、「新型コロナウイルス感染症対策特別委員会」は昨年に引き続き設置され、私、西村くにこは今年度、新たに委員に任命されました。

自宅療養者の不安を払拭せよ!

 8月19日の新型コロナ感染症対策特別委員会では、感染の発生状況や医療提供体制、ワクチン接種の状況や産業の影響、学校の対応などが報告されました。

 県内の感染者の累計は11万578名(クルーズ船感染者を除く)、爆発的な感染者の増加に伴い、病床利用率は8割を超えており、自宅療養者は1万2685名に上りました(8月15日現在)。私のもとには自宅療養者から「健康観察の電話がつながりにくい」「配食サービスがすぐに届かない」などの声が寄せられており、県の改善を求めました。県では担当者の増員を図るとともに、新たな宿泊療養施設の確保やAIを活用した連携システムを展開。また、新たに自宅でも酸素投与を行えるよう酸素濃縮装置の貸出を実施することを明らかにしました。

早期治療でコロナ重症化を防げ!

 神奈川県では、医師により入院が必要と判断された患者の搬入先が確定するまで酸素投与を行える「かながわ緊急酸素投与センター」を設置しています。大変重要な取り組みではありますが、これは応急措置であり、治療ではありません。

 本年7月、軽症・中等症者の重症化を防ぐ「抗体カクテル療法」として、中和抗体薬「ロナプリーブ」が特例承認されました。ロナプリーブは感染の診断確定後、できるだけ早期に投与する必要がありますが、使用については入院患者に限られます。しかし、現在、医療機関はひっ迫しており、投薬のための病床確保が難しい状況です。私からは、病院協会等との調整とともに「中和抗体薬投与センター」の設置や自衛隊への医療人材の派遣要請など、重症化を防ぐための治療体制の構築を求めました。

西村くにこ

横浜市中区日本大通り1番地

TEL:045-210-7630

https://xn--y8ji5e5170a8y9a.com/

<PR>

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6

「リトルベビーハンドブック」作成へ!

小さな赤ちゃんのための母子手帳 県政報告

「リトルベビーハンドブック」作成へ!

県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

10月22日号

安心していつまでも住み続けられる川崎市へ

市政報告

安心していつまでも住み続けられる川崎市へ

 日本共産党川崎市議団 後藤まさみ

10月15日号

政権交代で、いのちと暮らしを守る新しい政治を

意見広告

政権交代で、いのちと暮らしを守る新しい政治を

日本共産党 前衆議院議員 はたの君枝

10月15日号

保育園・学校―真剣なコロナ対策を

市政報告

保育園・学校―真剣なコロナ対策を

日本共産党川崎市議団 片柳すすむ

10月15日号

障がい者雇用拡大・大雨災害対策強化を!

市政報告

障がい者雇用拡大・大雨災害対策強化を!

公明党川崎市議会議員団 浜田まさとし

10月15日号

障害・高齢分野連携で「特別障害者手当」の周知を

市政報告

障害・高齢分野連携で「特別障害者手当」の周知を

日本共産党川崎市議団 渡辺学

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook