神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2024年2月9日 エリアトップへ

市政報告【5】 子宮頸がんワクチンキャッチアップ世代への周知強化を 日本維新の会 (幸区選出)なすのあやか

公開:2024年2月9日

  • X
  • LINE
  • hatena

 子宮頸がん予防ワクチンは、平成25年6月に厚労省から積極的な接種勧奨を控えるよう自治体に勧告され、川崎市では8年以上にわたり積極的な推奨が行われていませんでした。その後ワクチンの安全性に特段の懸念がないことなどから、市は対象者への案内を令和4年度から再開しました。

 厚労省は平成9年度から18年度生まれの女性の中には、定期接種の対象年齢小学校6年から高校1年相当であった頃、HPVワクチン接種の機会を逃してしまったり、まだ接種を受けていない、HPVワクチン接種を合計3回受けていない人を「キャッチアップ接種」として、公費による接種が可能と定めています。

 最終年度を迎える令和6年度の個別通知は、4月から5月に送付の予定です。市によると令和5年度は平成18年度生まれや転入者を含めて、市に住民登録のある方のうち、接種完了の記録のない方7万5551人に個別通知を送付しました。15歳以上は合計3回の接種が必要で、一般的な接種スケジュールでは最短でも6カ月ほどかかるため、接種希望の場合、早めの接種を促進すべきです。ただ、昨年の川崎市の接種状況を確認したところ、3回目を打つ人数がかなり少なくなっていることからも、フォローをもっとすべきで市内の大学生とも連携して進めていくべきと昨年12月議会で訴えました。

 これに対して市は「一人でも多くの対象者に接種いただけるよう、引き続き、市ホームページや、大学生等において展開力があるSNSなどの広報媒体を活用しながら、確実な周知に努めてまいります」と答弁しました。

 春は新入生歓迎シーズンなど、キャッチアップ世代に対して限定的に周知することができる時期です。そういった機会の有効活用を進めていくことを努めるよう要望しました。

なすのあやか

https://nasuno.info/

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6

幸区は充足率61・7%消防団員確保で地域防災力向上を!

自分たちの地域は自分たちで守る 市政報告

幸区は充足率61・7%消防団員確保で地域防災力向上を!

みらい川崎市議団 しま りょうた

2月16日

災害時の「トイレ」問題を考える 携帯トイレの備蓄を!

市政レポート

災害時の「トイレ」問題を考える 携帯トイレの備蓄を!

議会運営委員会委員長 大都市税財政制度調査特別委員会委員長自民党 川崎市議会議員(幸区) 野田 まさゆき

2月16日

子宮頸がんワクチンキャッチアップ世代への周知強化を

市政報告【5】

子宮頸がんワクチンキャッチアップ世代への周知強化を

日本維新の会 (幸区選出)なすのあやか

2月9日

賃金増額で豊かな社会を

新時代の日本を創る 意見広告

賃金増額で豊かな社会を

立憲民主党神奈川10区総支部長 鈴木みつたか

2月9日

命を守る医療施設保持と運動施設を!

令和5年第5回定例会 本会議一般質問【1】 市政報告VOL28

命を守る医療施設保持と運動施設を!

公明党川崎市議団 かわの忠正

1月26日

2024年度の国民健康保険介護保険料の軽減を

市政報告

2024年度の国民健康保険介護保険料の軽減を

日本共産党川崎市議団 渡辺 学

1月26日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook