さがみはら中央区版 掲載号:2012年11月22日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

地域に支えられ創業48年 まつがみ衣料品店移転セール 87歳老夫婦で元気に営業

寛一さん、よ志江さん夫婦を娘、孫、ひ孫が応援五輪をモチーフにしたロゴ(写真左下)
寛一さん、よ志江さん夫婦を娘、孫、ひ孫が応援五輪をモチーフにしたロゴ(写真左下)

 婦人服や日用品などを扱うまつがみ衣料品店(田名)が15日、田名バスターミナルの整備に伴い、旧店舗の真向かいに移転した。今週末の25日(日)まで、謝恩セールを開催している。

 店主の松上寛一さん、よ志江さん夫婦(共に87歳)は、「新店舗でも老夫婦で頑張っていきますので、ぜひ一度新しいまつがみ衣料品店を覗きに来てください」と話している。

地域交流の場に

 同店は東京オリンピックの翌年1965年に開業した。創業以来使用している「まつがみ」のロゴは、五輪マークをもとにデザイン。「田名地域の平和と発展に少しでも貢献する店でありたい」という願いを込めた。

 そのため、ただ物を売るだけではなく、店内には「大きくなったね」「元気にしていた」「お茶を飲んでいくかい」など、現代が失いつつある近所の温もりが溢れている。

 子どもの頃、お店の看板娘を務めた孫の和田恵美子さんは、「おじいちゃんやおばあちゃんとの会話を楽しみに来店する方が多いです。お客様には家族のように可愛がって頂きました」と、当時を振り返る。今では、恵美子さんの1歳になる長男・大和くんが、同店の看板息子ならぬ応援団長として活躍中。老夫婦の元気の源は、娘、孫、ひ孫という3世代の応援だ。

 「買い物をしなくても良いから、気軽に立ち寄って欲しい」とよ志江さん。遠くに引っ越した後も、昔を懐かしみ、ふらりと顔を出す人も多い。「一人暮らしの高齢者の楽しみになれば」と、寛一さん企画のバスツアーも続けている。

 衣料品店の粋を超え、「田名地域のコミュニティの場」という言葉が良く似合う店。温もりは変わらずに、同店の新たな1ページが始まった。
 

開店祝いの花が並ぶ
開店祝いの花が並ぶ

まつがみ衣料品店

中央区田名4685-5 (営)9:00〜18:00 (休)日曜/駐車場あり 11/25迄謝恩セール

TEL:042-762-0229

さがみはら中央区版のピックアップ(PR)最新6件

4月1日新装オープン「良品で安心生活を応援」

創業40年の地元電器店「ライト」

4月1日新装オープン「良品で安心生活を応援」

4月5日号

おかげさまで100周年街の電器屋さんの展示会開催

「足のむくみ外来」診療日を拡大

下肢静脈瘤

「足のむくみ外来」診療日を拡大

4月5日号

脊椎治療の今

健康公開講座

脊椎治療の今

4月5日号

健康な歯を抜かないインプラント治療

南橋本歯科第二クリニック

健康な歯を抜かないインプラント治療

3月29日号

森林づくりに参加しようボランティア募集

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク