さがみはら中央区版 掲載号:2016年1月7日号
  • googleplus
  • LINE

川口能活(よしかつ)選手 SCへ加入

スポーツ

元日本代表GK 完全移籍で

 サッカーJ3の地元クラブ・SC相模原にこのほど、元日本代表GK(ゴールキーパー)の川口能活選手が完全移籍で加入した。

 川口選手は、静岡県出身の40歳。サッカーの名門・清水商業高校(現・清水桜が丘高校)を卒業後、横浜F・マリノスに入団し2年目から正守護神として活躍した。その後はイングランドやデンマークなど海外リーグへの移籍を経て、2005年に日本に復帰。昨季まではJ2のFC岐阜に所属していた。各年代の日本代表としての活躍も目覚ましく、国際Aマッチ出場数は歴代3位の116試合を記録している。川口選手は広報を通じ「新たなチャンスを与えて頂いたことに感謝し、相模原のため、相模原の歴史の一部になれるよう全身全霊で頑張ります」とコメントしている。

新監督には薩川氏就任

 加えてSCの2016シーズンの新監督に、薩川(さつかわ)了洋(のりひろ)氏(43)が就任したことも併せて発表された。

 薩川氏は現役時代、主に柏レイソルなどでディフェンスの中心選手として活躍。2005年に現役を引退後、AC長野パルセイロなどの監督を経て、昨シーズンまではJ3のFC琉球を率いていた。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

来年も笑おう

来年も笑おう

誠文堂で漫画展

10月30日~11月11日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月2日号

お問い合わせ

外部リンク