さがみはら中央区版 掲載号:2016年12月15日号 エリアトップへ

「孫のため」が名物イルミに 淵野辺の鈴木さん宅

文化

掲載号:2016年12月15日号

  • LINE
  • hatena
側面まで光に覆われた鈴木さんの自宅
側面まで光に覆われた鈴木さんの自宅

 クリスマスシーズンを盛り上げる「イルミネーション」。通常、駅や商業施設に施されていることが多いが、区内には「孫のために」と始めた装飾がいつしか地域住民にとっての冬の風物詩になっている「名物イルミ」がある。

 淵野辺にある青山学院大学相模原キャンパスの正門を真っ直ぐ進むと、突如として雪だるまにトナカイ、サンタクロースといった「冬の主役たち」が勢ぞろいした遊園地を思わせる光の装飾が施された家が現われる。この家の家主は鈴木正和さん(61)。「孫に喜んで欲しい」との思いで、8年前から自宅にイルミネーションを飾り始めた。当初は室内に簡単な装飾を施す程度だったが、孫たちの喜ぶ姿が嬉しくなり、「年々規模が大きくなっていった」と話す。今では自宅側面や駐車場までもが煌びやかな電飾で覆われ、道行く人々は足を止め、その幻想的な雰囲気にしばし浸っていく。

 最近では、近隣の人々から「楽しみにしているよ」「いつからやるの」といった声を掛けられるようになり、「やめられなくなってきてしまった」と笑顔を見せる。今年は12月25日まで光を灯し、翌26日には撤去する予定。鈴木さんは「体力が続く65歳頃までは続けていきたい」と話した。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

共生めざす作文で初入賞

共生めざす作文で初入賞 社会

向江さん、志田さん

1月21日号

昭和歌謡に親しもう

昭和歌謡に親しもう 文化

2月にランチタイムコン

1月21日号

青学生が環境教育を支援

青学生が環境教育を支援 文化

小中学生向け動画を制作

1月21日号

「110番の日」に啓発

「110番の日」に啓発 社会

清水春花さんが一日署長

1月21日号

自宅で楽しむお話会

自宅で楽しむお話会 社会

市内図書館が配信

1月21日号

自転車事故、県内で最多

自転車事故、県内で最多 社会

相模原署「ルール順守を」

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 新しい学習資料展

    相模原市立博物館レポvol.21

    新しい学習資料展

    民俗担当学芸員 山本菜摘

    1月14日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク