さがみはら中央区版 掲載号:2016年12月15日号 エリアトップへ

「首位」から過去最低11位に 的確な補強、10年目の鍵

スポーツ

掲載号:2016年12月15日号

  • LINE
  • hatena
連敗にうなだれるイレブン
連敗にうなだれるイレブン

 クラブワーストの「6連敗」に、J3参入以来、過去最低の「11位」―。そんな「散々な」今季だったが、滑り出しは順調だった。開幕から昨年の課題であった守備が改善し好調を維持すると、9節から破竹の3連勝。J3リーグでは初となる単独首位にも立った。

 だが喜びも束の間、12節からは上位陣を相手に4連敗。その後も勝ち星を重ねられずにいると、薩川了洋前監督が退任。後任には現役時代、横浜F・マリノスなどで活躍した安永聡太郎氏が監督に就任した。

 新指揮官の初陣となった大分戦、続く栃木戦は格上相手に勝利こそ挙げられなかったものの、前線からの積極的な守備を披露し「新生SC」を感じさせる戦いを演じた。ところが、その後はチーム戦術が浸透するのに時間がかかり、前半戦で堅守を誇った守備陣も崩壊。23節からは6連敗を喫した。このまま「ドロ沼」が続く可能性もあったが、ホーム最終戦となる藤枝戦では3得点を挙げ勝利。来季に繋がる貴重な1勝となった。安永監督は「監督として多くの事を経験できたので、これを生かしていきたい」と今季を振り返り、来季への抱負を語った。

 SCは来年で創設10周年を迎える。現時点で今季チームの得点王・岩渕良太選手をはじめ多くの選手の退団、引退が決まっている。的確な補強を行い、節目の年を「飛躍の年」にできるか、SCの真価が問われる。

サポーターが選ぶMVPDF 保崎淳選手

 サポーター代表の宮川大介さんが選んだのは今季加入したDF保崎淳選手。宮川さんは「途中、怪我で離脱してしまったがピッチでは大きな声でチームを鼓舞し、熱いプレーで守備陣を牽引してくれた。ファンサービスにも全力だった」と選出理由を話した。

今季加入し活躍した保崎選手
今季加入し活躍した保崎選手

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

共生めざす作文で初入賞

共生めざす作文で初入賞 社会

向江さん、志田さん

1月21日号

昭和歌謡に親しもう

昭和歌謡に親しもう 文化

2月にランチタイムコン

1月21日号

青学生が環境教育を支援

青学生が環境教育を支援 文化

小中学生向け動画を制作

1月21日号

「110番の日」に啓発

「110番の日」に啓発 社会

清水春花さんが一日署長

1月21日号

自宅で楽しむお話会

自宅で楽しむお話会 社会

市内図書館が配信

1月21日号

自転車事故、県内で最多

自転車事故、県内で最多 社会

相模原署「ルール順守を」

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 新しい学習資料展

    相模原市立博物館レポvol.21

    新しい学習資料展

    民俗担当学芸員 山本菜摘

    1月14日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク