さがみはら中央区版 掲載号:2018年4月5日号
  • googleplus
  • LINE

和泉短大生15人 ボラ認定 市制度 同大初「博士」も 

教育

(上)2年生の認定者(前列3人は「ボランティア博士」)/(下)同大の認定者と教授ら
(上)2年生の認定者(前列3人は「ボランティア博士」)/(下)同大の認定者と教授ら
 地域活動やボランティアを積極的に行う学生らを賞する「相模原市地域活動・市民活動ボランティア認定制度」の今年度の認定証贈呈式がこのほど行われ、区内の和泉短期大学からは学生15人(1年生9人、2年生6人)が認定された。このうち2年生からは、同大で初めて、150時間以上または150回以上の活動を行った人を対象とする「ボランティア博士」の認定者が出た。

 全国でも数少ない「児童福祉学科」単科の短期大学である同大。学生は普段から子どもと接する機会が多く、子育て支援活動に加え里親の会でのボランティア活動、オレンジリボンの作成・配布活動、特別支援学校でのボランティア活動などに寄与している。

 今回認定を受けた同大の学生らは「子どもたちとの関わりや、保護者の方との交流を深めることもできた」「地域での活動を通じて、社会や人とのつながりを実感した」などと話した。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

芭蕉、一茶と漫画

芭蕉、一茶と漫画

誠文堂で「秋竜山展」

4月16日~4月28日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク