さがみはら中央区版 掲載号:2018年10月11日号 エリアトップへ

(PR)

市協力医療機関の同院 がんリスク検査「AICSⓇ」で早期発見へ

掲載号:2018年10月11日号

  • LINE
  • hatena
淵野辺駅南口から徒歩7分の同院
淵野辺駅南口から徒歩7分の同院

 2017年に開院した「かぬまだいけやきクリニック」。同院ではがんのリスク検査「AICSⓇ」(自費診療/税別25000円)を取り入れている。

 これは血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いから、がんの可能性を評価する検査。1回の採血で男性は5種、女性は6種の複数のがんの可能性を調べることができる。詳細・問合せは同院へ。

 また同院は市の検診協力医療機関として、肺がん検診や大腸がん検診、胃がんABC検診などを受けることができる。治療の際は地域の大学病院等とスムーズに医療連携を図るなど、「AICSⓇ」と併せ、がんの早期発見・治療につなげる体制を整えている。市がん検診の予約は随時受付。

 大谷慎一院長は「身体の不調を少しでも感じられたら早めに医療機関を受診してください」と呼びかけている。
 

かぬまだいけやきクリニック

〒252-0233 神奈川県相模原市中央区鹿沼台2-18-6 大谷第1ビル3F

TEL:042-707-0426

http://kanumadaikeyaki-clinic.com/

さがみはら中央区版のピックアップ(PR)最新6

股関節疾患治療のいま

第25回 座間総合病院 ”出張”健康講座

股関節疾患治療のいま

イオンモール座間で7月25日 午前10時30分から

7月9日号

臨機応変に授業形態を提供

コロナ禍 教育現場レポート

臨機応変に授業形態を提供

 麻布大学附属高校(下)

7月9日号

本紙限定全サービス10%引き

医療・介護の現場から生まれた便利屋さん ベンリー相模原清新店

本紙限定全サービス10%引き

「電話1本で幅広く対応します」

7月2日号

累計4,000件販売 大人気の樹木葬「相模原フラワージュ」の魅力を探る

累計4,000件販売 大人気の樹木葬「相模原フラワージュ」の魅力を探る

フジTV・BSジャパン・日経新聞・NIKKEIプラス・サンデー毎日・週刊ダイヤモンドで紹介

7月2日号

専門医を招致し「早期受診」呼びかけ

減らせ「突然死」

専門医を招致し「早期受診」呼びかけ

”医院の枠”を超えた地域医療体制の構築へ

7月2日号

「スピード感」で対応

コロナ禍教育現場レポート

「スピード感」で対応

 麻布大学附属高校(上)

7月2日号

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク