さがみはら中央区版 掲載号:2018年12月6日号
  • LINE
  • hatena

学ぶ「フクロウの食性」 いのちの博物館で講習

社会

ネズミの骨を取り出す参加者(写真は過去)
ネズミの骨を取り出す参加者(写真は過去)

 麻布大学いのちの博物館(淵野辺)で12月15日(土)、22日(土)にフクロウの食性や動物の骨について学ぶ講習会が開催される。時間は両日午後1時から3時で、参加無料。

 フクロウはネズミを食べることに特化した猛禽(もうきん)類で、当日は八ヶ岳に設置されたフクロウの人口巣に残された骨を取り出し、ネズミの種類を調べ食性や動物の骨の仕組みなどを分析する。

 参加希望者は1回目が12月11日(火)、2回目は18日(火)までに電話かFAXでの申込が必要。両日とも定員に達し次第締め切りとなる。詳細および問い合わせは同館【電話】【FAX】042・850・2520へ。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「力道山が相模原に来た」

「力道山が相模原に来た」

上映会とトークショー

12月15日~12月15日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク