さがみはら中央区版 掲載号:2019年6月6日号 エリアトップへ

「鮎釣りの名所」地道に守る 相模川第一漁業協同組合

文化

掲載号:2019年6月6日号

  • LINE
  • hatena
相模川に立つ田所組合長
相模川に立つ田所組合長

環境保全、天敵駆除に注力

 古くから相模川のシンボルとして親しまれる鮎。今年も1日に鮎釣りが解禁され、毎年6月から10月にかけ多くの太公望が相模川を訪れる。一方で、1947年の相模ダム、1965年の城山ダムの完成以降、相模川の水量の減少や濁流などが目立ち、鮎の生息環境は厳しい状況にある。そうした中、シンボルを絶やすことのないよう尽力するのが相模川第一漁業協同組合(水郷田名)だ。

 相模川漁業協同組合連合会の一つである同組合は主に相模川上流を管理し、河川の環境保全に取り組む。鮎釣りの時期に合わせ、養殖・購入した鮎を放流する役割も担っている。

 「ここは昔、澄んだ水が豊富にあり今以上に鮎の名所だった」と話すのは同組合の田所昌訓組合長。鮎が順調に生息するには、清流で、餌となる藻が繁殖しやすい環境であることが欠かせない。田所組合長によると、以前は悪天候などで川が濁っても、すぐに山からきれいな水が供給されていたが、現在はダムに溜まった水が流れてくるため、元の川に戻るまでに時間がかかるという。田所組合長は、「悪天候はどうしようもない。ゴミのポイ捨てや、川での洗車を防ぐなどできることをやるしかない」と話す。

 鮎は広範囲の砂利場を産卵場所として好むため、同組合では産卵に適した場所を作ろうと組合員らが川に入り機械や手で、川床をならしている。「外敵から鮎を守ることも必要」と考える同組合では密猟者を監視するほか、鮎を主食とする天敵のカワウを追い払うため、毎日朝晩ロケット花火を焚くなど地道な努力を重ねているという。

 「昔は自然の中ですべてが循環してきた。今は、これ以上環境が悪くならないようできることをやっていきたい」。「鮎釣りの名所」の名を守るため、一つひとつ地道に取り組んでいく。

相模原市から大切なおしらせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

はやぶさ記念 市民デー開催

市パークゴルフ協会主催

はやぶさ記念 市民デー開催 文化

6月12日 参加費無料

5月26日号

縄文の集落跡を一般公開

縄文の集落跡を一般公開 文化

田名 200人が見学

5月26日号

沖縄への思いそれぞれ

沖縄への思いそれぞれ 社会

返還50年 出身者に聞く

5月26日号

「結果で地元に恩返し」

カヌー齋藤彰太選手

「結果で地元に恩返し」 スポーツ

明治安田生命が支援

5月26日号

神奈川ダービーはドロー

日本酒完成を報告

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook