さがみはら中央区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

相模原市特定健診 受診率26・3%と低迷 「定期健診で健康維持を」

社会

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena

 特定健康診査(特定健診)は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診。相模原市では、40歳から74歳までの市国民健康保険加入者が年に1度受けることができる。費用は1000円。市が公表する2016年度の集計で相模原市の受診率は県内33市町村中、26番目の26・3%と低迷している。市は昨年から、過去3年間、特定健診を受けておらず、誕生日月を迎える人を対象に、受診を呼び掛ける通知などを郵送して、受診率の向上に取り組んでいる。

 特定健診は、生活習慣病患者の高まりから、それまでの基本健診に代わって、2008年度からスタートした。

 40歳から74歳の市国民健康保険加入者を対象として受診券を配布。相模原市の特定健診では、身長、体重、腹囲、BМI、血圧、肝機能検査、血中脂質検査、血糖検査、尿検査の基本的健診項目に加え、医師の判断により貧血検査、心電図検査、眼底検査が選択的に実施される。

 相模原市の2016年度における特定健診の対象者12万3265人のうち、受診者数は3万2461人で、受診率は26・3%。これは、県内平均を0・7%下回っている。性別、年齢別の受診状況では男性の受診率が低く、40代から50代の受診率は男女とも低い。

 そうした中、相模原市は受診率を向上させるため、平日休みを取れない人を対象にして、学校や合同庁舎などの公的施設で「休日会場健診」を実施。さらに、昨年からは受診対象者に対し、誕生日を迎える1カ月前に健診を呼び掛ける通知の郵送を開始している。しかし、なかなか受診率が向上していないのが現状だ。

 市国民健康保険課は「ご自身の健康を見つめなおす良い機会。年に一度、受診してお身体の状態を確認してみてほしい」と受診をすすめている。

 特定健診に関する詳細・問い合わせは同課【電話】042・704・8909へ。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

淵野辺でハロウィン

淵野辺でハロウィン 社会

25日 スタンプラリーも

10月15日号

ネットで学ぶ歴史や遺産

ネットで学ぶ歴史や遺産 文化

市博物館が動画公開

10月15日号

干支の置き物づくり

干支の置き物づくり 社会

10月19日 つるや呉服店

10月15日号

SC、神奈川ダービー制す

サッカーJ3

SC、神奈川ダービー制す スポーツ

横浜相手に3得点

10月15日号

上溝で「溝の朝市」

上溝で「溝の朝市」 経済

10月18日  ずっと我が家の広場

10月15日号

メイプルでフリマ開催

メイプルでフリマ開催 経済

10月25日 午前10時オープン

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 64年前の標本が問いかけること

    相模原市立博物館レポvol.19

    64年前の標本が問いかけること

    生物担当学芸員 秋山幸也

    10月15日号

  • 実物の迫力

    相模原市立博物館レポvol.18 企画展-「無量光寺文書・山崎弁栄遺墨展」から-

    実物の迫力

    学芸員 長澤有史学芸員 長澤有史

    10月8日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク