さがみはら中央区版 掲載号:2020年10月1日号 エリアトップへ

(PR)

日本人1割が潜在患者「下肢静脈瘤」

掲載号:2020年10月1日号

  • LINE
  • hatena

 「地域を繋ぐ医療機関」を掲げる『かぬまだいけやきクリニック』(中央区鹿沼台)では「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」の早期発見・治療に努めている。

 脚の静脈の弁が壊れ、血液の逆流やうっ滞が起こることで発生する下肢静脈瘤。血管が太くなり見た目でボコボコと「コブ状」に浮き出るほか、脚の痛みやかゆみ、だるさなどを伴う。日本人の約1割が潜在患者で、出産経験のある女性の4人に1人が発症している。

 同院では、先進的高周波治療装置(ラジオ波)による血管内焼灼術や、ストリッピング術、硬化療法など、さまざまな日帰り手術(保険診療)に対応。診療日を週3日設け、美容師や教員など、立ち仕事が多い人のニーズに応える。

 担当の池谷江利子医師=写真=は、「医療用ストッキングなどご家庭で予防できるものや、さまざまな治療法があります。心配な場合は、一度受診にお越しください」と呼びかける。

 診療日は毎週金曜(午前)、土曜(午前・午後)、第1・3・5火曜(午後)。予約優先。

かぬまだいけやきクリニック

〒252-0233 神奈川県相模原市中央区鹿沼台2-18-6 大谷第1ビル3F

TEL:042-707-0426

http://kanumadaikeyaki-clinic.com/

さがみはら中央区版のピックアップ(PR)最新6

地道な活動 一丸で推進

社員率先し取り組み考案

地道な活動 一丸で推進

マーク電子

6月10日号

市民をがんから守る

「保険代理店だからできることを」

市民をがんから守る

株式会社SA

6月10日号

薬剤師として 健康な生活をサポート

薬剤師として 健康な生活をサポート

オレンジ薬局・ローズ薬局

6月10日号

「社福のチカラ」を信じてすべての目標実現をめざす

「社福のチカラ」を信じてすべての目標実現をめざす

市内最大級の社会福祉法人「相模福祉村」

6月10日号

会計を空気に変える〜事業再構築補助金申請をサポート〜

会計を空気に変える〜事業再構築補助金申請をサポート〜

税理士法人小形会計事務所

6月10日号

奥歯で噛める大きな意味

奥歯で噛める大きな意味

お口の健口が全身の健康に繋がる

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter