さがみはら中央区版 掲載号:2020年12月3日号 エリアトップへ

再生資源で道路づくり 田名小で特別授業

文化

掲載号:2020年12月3日号

  • LINE
  • hatena
校庭で敷きならしの体験を行った児童=11月12日、田名小学校
校庭で敷きならしの体験を行った児童=11月12日、田名小学校

 社会科でゴミ処理について学ぶ中、田名小学校(小泉勇校長)の4年生が11月12日、再生材料である「スラグ」を用いた道路づくりの特別授業に取り組んだ。校内でアスファルトの道路を再現するのは市内で初めて。

 スラグとは、一般ゴミと清掃工場から出た焼却灰を高温で溶かした後、冷却すると得られるガラス質の固化物。田名地区にある工場で実際にスラグ入り合材を作っている福田道路(本社・新潟県)が協力した。

 児童は初めに、道路について学習。社会科で事前にスラグについて学んでいた児童は同社から道路の役割や仕組みについてより詳しい説明を受けた後、校庭での道路舗装体験に移行。道路づくりに使われるリサイクルアスファルトの材料を実際に見た後、180度あるアスファルトの温度を測定し、シャベルなどを使って山になっているアスファルトを平坦にならす、敷きならしと呼ばれる作業を行った。最後に、機械で締め固められた道路を歩いた児童は「ぼくも道をつく仕事がしたい」、「未来のために割れたアスファルトをまた道路に変えるリサイクルがいいなと思った」と感想を口にしていた。

 新型コロナの影響を受け工場見学などの体験学習の機会が減る中、同社の提案で実施された今回の特別授業。担当の江部貴幸さんは「道路が生活を支える大切なものだと意識してもらえるとうれしい。今後も出前授業を継続したい」と笑顔で話した。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

共生めざす作文で初入賞

共生めざす作文で初入賞 社会

向江さん、志田さん

1月21日号

昭和歌謡に親しもう

昭和歌謡に親しもう 文化

2月にランチタイムコン

1月21日号

青学生が環境教育を支援

青学生が環境教育を支援 文化

小中学生向け動画を制作

1月21日号

「110番の日」に啓発

「110番の日」に啓発 社会

清水春花さんが一日署長

1月21日号

自宅で楽しむお話会

自宅で楽しむお話会 社会

市内図書館が配信

1月21日号

自転車事故、県内で最多

自転車事故、県内で最多 社会

相模原署「ルール順守を」

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 新しい学習資料展

    相模原市立博物館レポvol.21

    新しい学習資料展

    民俗担当学芸員 山本菜摘

    1月14日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク