さがみはら中央区版 掲載号:2021年1月14日号 エリアトップへ

「淵野辺卒」ランナーら活躍 青学OB 駅伝などで

スポーツ

掲載号:2021年1月14日号

  • LINE
  • hatena
▲福岡の町を力走する吉田選手
▲福岡の町を力走する吉田選手

 淵野辺で健脚を鍛えた青山学院大学・陸上競技部(長距離ブロック)の卒業生たちが実業団の世界に舞台を移し、年末年始、活躍を見せた。

 中でも目立ったのが、青学の原晋・長距離監督がチームのアドバイザーを務める、実業団チーム「GMOインターネットグループ」に所属するOB選手たち。

 13人のメンバーのうち、7人が青学卒の選手で構成され、昨年12月には、昨春、淵野辺から巣立ったばかりの吉田●(=示すへんに右)也選手が、強豪が揃った福岡国際マラソンで日本歴代9位の記録となる2時間7分5秒の好タイムで優勝。2024年パリ五輪マラソンの有力候補として存在感を示す活躍を見せた。

駅伝でも

 一方で、元旦に行われたニューイヤー駅伝(全日本実業団対抗駅伝競走大会)で同チームは7区間中4区間に青学OBが出走し、昨年からニューイヤーに参戦した新興チームであるGMOを一桁順位(9位)に押し上げる原動力となった。

 中でもファンを喜ばせたのが、各チームの主力が集まる3区に出走した渡邉利典選手の走り。

 タイムは区間5位にとどまったものの、攻めの走りでタスキをトップで次選手へつなぐなど、ファンに来年への期待を持たせた。

「うれしい限り」

 青学に近く、駅伝チームを応援しているという淵野辺駅前で不動産業を営む千成土地住宅社の岡田清隆代表は「淵野辺で育った選手たちが活躍するニュースを聞くことはうれしい限り。今後もがんばってもらいたい」と声援を送っている。

◀自身のユーチューブチャンネルでニューイヤー駅伝後の感想などをファンに伝えた渡邉選手
◀自身のユーチューブチャンネルでニューイヤー駅伝後の感想などをファンに伝えた渡邉選手

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

「白木祭」公開延期に

「白木祭」公開延期に 教育

花火打ち上げは実施予定

1月14日号

「実富士(みのるふじ)」として角界へ

相模原市出身森田さん

「実富士(みのるふじ)」として角界へ スポーツ

1月場所でデビュー

1月14日号

朝市と骨董市、共に中止に

上溝商店街

朝市と骨董市、共に中止に 経済

宣言受け感染拡大に配慮

1月14日号

SDGsパートナー認定

SDGsパートナー認定 社会

市、当社含む115者に

1月14日号

コロナに負けず伝統継承

相模原弥栄高校

コロナに負けず伝統継承 教育

スポーツ実技を披露

1月14日号

相模原市にマスク等寄贈

徳永ビル

相模原市にマスク等寄贈 社会

コロナの影響広がる中で

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク