さがみはら中央区版 掲載号:2021年1月28日号 エリアトップへ

「洗車、承ります」 西門で障害者の就労支援

社会

掲載号:2021年1月28日号

  • LINE
  • hatena
協力して作業を行う利用者=西門商店街
協力して作業を行う利用者=西門商店街

 NPO法人障害者就労支援B型事業所「すけっとnishimon」がこのほど、就労支援の一環として洗車サービスを始めた。

 同法人は昨年4月に設立。西門商店街の中に事業所を構える。福祉業界で働いていた渡辺真由美代表が、「障害を持っている人の特性にあった仕事を提供し、夢や希望を持って過ごしてもらいたい」と、障害者の一般就労をめざすB型事業所を立ち上げた。現在、23歳から62歳まで、22人が利用している。

 通常、B型事業所では内職などの作業が多い中、渡辺さんの「なるべく外に出て、地域にふれあってほしい」との思いから、主に介護保険施設の日常清掃の仕事を提供している。

新たな支援として考案

 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、介護保険施設への仕事は激減。地域とのふれあいの場も減った。働き口がない状況を打破しようと模索していると、日頃から交流のあった近隣の事業者から「会社の車を洗ってくれないか」との申し出があった。

 「地域との接点になれば」とその申し出を受け、洗車を始めたものの、経験のない作業には戸惑いも多かった。利用者にとって、形や大きさが多種多様にわたる車の洗車が難しい。スタッフは掃除の手順やコツを一から根気強く教授。手順が浸透し、問題なく作業を完了できるまでになると就労支援の一環として、正式に洗車事業を開始した。車の大きさを問わず、1台1000円。1時間ほどかかるが「丁寧に作業してくれると好評です」と渡辺さん。

 最近では口コミが広がり毎日1台ほど予約が入るようになった。基本的に洗車は西門商店街内の駐車場で行うが、要望があれば「出張」することも。洗車事業により地域との接点も増え、利用者が自主的に西門商店街の灰皿を毎朝清掃する好循環も見られるようになった。近隣の福祉団体も同法人からの研修を受け、洗車を始めるなど新たな就労支援の形として認知され始めた。渡辺さんは「これからも地域の役に立てるような団体として協力しながらやっていきたい」と話している。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

空気感を描写

空気感を描写 文化

誠文堂で原陽子個展

5月12日号

歴代ポスターを紹介

相模原市民ギャラリー

歴代ポスターを紹介 文化

25周年記念企画展

5月12日号

地域と連携、学びに生かす

柴胡の会

地域と連携、学びに生かす 教育

地元団体らと研究会

5月12日号

医療的ケア児へ支援拡充

医療的ケア児へ支援拡充 社会

相談窓口を新設

5月12日号

大輪のバラ 市民に公開

アマの力作募集

フォトシティさがみはら

アマの力作募集 文化

応募締め切り6月24日

5月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook