さがみはら中央区版 掲載号:2021年2月11日号 エリアトップへ

相模女子大 宇宙食レシピ 学生が考案 JAXAから認証取得

教育

掲載号:2021年2月11日号

  • LINE
  • hatena
(上)パッケージのデザイン(左)真空パックされた宇宙日本食
(上)パッケージのデザイン(左)真空パックされた宇宙日本食

 相模女子大学(南区・風間誠史学長)が、株式会社サガミホールディングス(愛知県名古屋市)、石田缶詰株式会社(静岡県焼津市)と三者共同で研究開発した「サガミ純鶏 名古屋コーチン味噌煮」がこのほど、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から「宇宙日本食」としての認証を取得した。

 この研究開発は、同大学と社会貢献に関する連携協定を結んでいるサガミホールディングスの依頼によるもの。テーマは同社の地元・名古屋を意識した「八丁味噌、たまり醤油、鶏肉」を使用した宇宙日本食レシピの開発だったという。そこで同大学の健康栄養学科の学生有志18人がプロジェクトチームを立ち上げ、指定された条件をもとに研究開発に着手した。

 学科として検討したのは宇宙での食環境や栄養の問題。宇宙飛行士のパフォーマンスを維持・向上させるために「おいしく食べられる」「食べ飽きない」宇宙日本食を追い求めた。苦労したのは指定食材の活用。特に八丁味噌は普段使い慣れていない食材だったため、改善を何度も重ねたという。依頼のあった2017年から3年をかけ、考案したレシピは合計37種類。その中から最終的に、歯ごたえのある食材を加えて食感に変化を持たせた「味噌おでん」を提案することとした。

 その後はサガミホールディングス、石田缶詰による味付け・加工などの検討を行い、最終的に「サガミ純鶏 名古屋コーチン味噌煮」としてJAXAに申請。保存性や衛生面などさまざまな審査の結果、宇宙日本食として認証された。

 同大学によると、各取引先や納入先の数量次第だが、3月下旬頃からウェブでの販売も検討されているという。

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

全ての人に「美」で幸福を

全ての人に「美」で幸福を 社会

美容室 〜sora〜

4月22日号

矢部で無料学習塾

矢部で無料学習塾 教育

毎土曜 NPO法人が開催

4月22日号

重工、プレーオフ初戦突破

ラグビー

重工、プレーオフ初戦突破 スポーツ

マイケル・リトルが2トライ

4月22日号

日本画を学ぼう

日本画を学ぼう 文化

西門そばで体験型講座

4月22日号

五輪を盛り上げよう

五輪を盛り上げよう スポーツ

2会場でポスター展示

4月22日号

家族で酒米を作ろう

家族で酒米を作ろう 経済

参加募集 青根の田園

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 縄文人の生活を探る 考古企画展

    相模原市立博物館レポvol.22

    縄文人の生活を探る 考古企画展

    「変化の時代を生きた縄文人 相模原市域の縄文時代中・後期文化」考古担当学芸員 長澤有史

    4月22日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter