さがみはら中央区版 掲載号:2021年3月11日号 エリアトップへ

サーティーフォーが継続 市立相模原球場の命名権

社会

掲載号:2021年3月11日号

  • LINE
  • hatena
サーティーフォー相模原球場
サーティーフォー相模原球場

 相模原市は2月24日、サーティーフォー(本社・緑区橋本/唐橋和男社長)と締結しているサーティーフォー相模原球場(市立相模原球場/弥栄3の1の6)のネーミングライツ(命名権)契約を更新したと発表した。

 契約期間は2021年4月1日から26年3月31日までの5年間。契約金額は消費税などを含み年額600万円。

 ネーミングライツは、スポンサー企業が市に対価を払い、市所有の施設などに愛称として社名や商品名を付ける制度。相模原市は10年8月にこの制度を導入し、現在は10企業・団体と12施設の命名権を契約している。

 市は同社との相模原球場の命名権契約を11年4月から継続して結んでおり、今回の締結で3期目となる。前期の契約が3月31日で満了となるため優先交渉権に基づき同社と協議した。同社の唐橋社長は「少年野球をはじめ、スポーツへの協賛を通して社会貢献の一翼を担いたい。これを機に相模原を代表する野球場をより多くの市民の皆様に親しんでいただきたい」とコメントしている。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

老若男女にぎわう風物詩

SC、京都に敗戦

サッカーJ2

SC、京都に敗戦 スポーツ

ユーリが得点も届かず

10月14日号

地域の鎮守 村富神社

矢部を見守り348年

地域の鎮守 村富神社 文化

10月14日号

農業体験「大きく育ったね」

農業体験「大きく育ったね」 文化

ビレッジ若あゆで稲刈り

10月14日号

「4R」で循環型社会へ

「4R」で循環型社会へ 社会

10月末までキャンペーン

10月14日号

ライズ、開幕から3連敗

ライズ、開幕から3連敗 スポーツ

オービックを前に沈む

10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook