さがみはら中央区版 掲載号:2021年8月19日号 エリアトップへ

全国での「飛躍」誓う 谷亀(やがめ)和希さん(15)

スポーツ

掲載号:2021年8月19日号

  • LINE
  • hatena
第52回日本少年野球選手権大会の先発投手も務めた=提供
第52回日本少年野球選手権大会の先発投手も務めた=提供

 中学硬式野球の名門・相模ボーイズ(岩永一志監督)のエース。(公財)日本少年野球連盟などが主催し、8月下旬に開かれる「第21回 ボーイズリーグ鶴岡一人記念大会」東日本代表、2021年度「日本少年野球東日本報知オールスター戦」神奈川代表に選抜された。「自分の力が全国でどれくらい通用するか試したい」と意気込む。

父の影響で野球に転向

 野球を始めたのは小学4年生。それまでは姉とともにドッジボールクラブに入りプレーしていた。男子は4年生でクラブを卒業するルールだったため、球児だった父の影響で厚木の小学生野球チーム「荻野リバース」に加入。最初はルールが分からず戸惑い、「人見知りなので、練習に参加するのがちょっと嫌だった」と振り返る。それでもドッジボールで鍛えた強肩と制球の良さを見込まれて、5年生の秋にはピッチャーとしてデビュー。6年生の秋には横浜DeNAベイスターズジュニアチームにも選抜された。試合で活躍できるようになってくると野球を「楽しい」と思えるようになった。

投手としての魅力

 小鮎中学(厚木市)入学とともに相模ボーイズへ。数多くのプロ選手を輩出する同チームの練習を目の当たりにし、「レベルが高い。先輩たちのプレーを見て、自分もこうなりたいと思った」と志を持った。「1年生の頃はトレーニングが辛かった」と苦笑するものの、同チームでも1年秋からエースナンバー「1」を背負った。岩永監督は「左腕で当初からいいものを持っていた」と振り返る。

 上級生が卒業し新チームになると「先輩としてもピッチャーとしても、チームを引っ張らなければ」と意識も変わり、メンタル面も強くなったことで、エースとして同チームをベイスターズ杯や関東大会へと導いた。オールスター選手権の神奈川代表監督も務める岩永監督は谷亀選手を「繊細な面もあるが、マウンドでは動揺が見えない『ピッチャーらしい』選手。ピッチャーはふてぶてしい魅力が必要」とし、プレーについては「コントロールが良く安定感があり、緩急が使える」と評価する。

 来年は高校生になる。目標はかつて同チームでバッテリーを組んだ大賀一徹選手と共に、甲子園の土を踏むこと。大賀選手は尊敬する先輩のひとり。「自分がマウンドで辛いとき、必ず声をかけてくれた」。憧れの甲子園の切符をつかむため全国で経験を積み、更なる飛躍を誓う。

左腕で安定した制球と緩急が武器の谷亀選手
左腕で安定した制球と緩急が武器の谷亀選手

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

メイプルフリマ開催

メイプルフリマ開催 経済

10月31日(日) 午前10時から

10月21日号

クラシックで秋を優雅に

クラシックで秋を優雅に 文化

27日 ランチタイムコン

10月21日号

市長とまちづくりを語る

市長とまちづくりを語る 社会

10月22日 JCが例会配信

10月21日号

「森の素晴らしさ知って」

「森の素晴らしさ知って」 社会

下草刈りボラ参加者募集

10月21日号

SDGsカルタを寄贈

SDGsカルタを寄贈 社会

 啓発団体が制作

10月21日号

アマゾン探検、延長に

アマゾン探検、延長に 文化

相模川ふれあい科学館

10月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook