さがみはら中央区版 掲載号:2021年9月2日号 エリアトップへ

期待膨らむ 相模原ワイン 収穫直前 本村市長が視察

社会

掲載号:2021年9月2日号

  • LINE
  • hatena
町田さん(左)の説明に聴き入る本村市長(左から2番目)。右は森山代表=8月25日、緑区田名
町田さん(左)の説明に聴き入る本村市長(左から2番目)。右は森山代表=8月25日、緑区田名

 ブドウの栽培から醸造までを全て相模原で行う「純相模原産ワイン」の生産をめざしている「ケントクエステートワイナリー」(森山謙徳代表)で醸造用ブドウの今年の収穫が始まるのに先立ち、本村賢太郎市長らが8月25日、同ワイナリーの農園を視察した。

 同ワイナリ―は、森山代表が社長を務める産業廃棄物中間処理業の大森(だいしん)

産業(本社・高根)を母体とし、緑区田名のほか同区大島、中央区水郷田名に延べ約5500平方メートルのブドウ農園を所有。現在は、自社で栽培したブドウを外部へ委託して醸造しており、昨年の収穫分では750ミリリットルの瓶で2100本を生産している。

 市は今年3月、内閣府から地域の特産物を原料とした果実酒とリキュールの製造数量の基準を引き下げる「さがみはらのめぐみワイン特区」に認定された。規制緩和が事業者の参入促進や、生産だけでなく加工や流通なども行う6次産業化による農業振興などにつながることを市は期待する。

 増反にも着手し、自社で生産するワインの製造数量がこの特区で定められた基準を満たせる見通しであることから同ワイナリーでは、今回の認定を追い風に市内への醸造所設立の動きを加速。目標とする、ブドウの栽培から醸造、瓶詰まで全て地場で行う純相模原ワインの製造に向け、市内に建設用地を取得し、来年夏の完成をめざして準備を進めている。森山代表は「来年収穫するブドウはうちで醸造できると思う」と期待を隠さない。

 市も地産のワインに関心を寄せる。「市民が共感できるものであり、シビックプライドの醸成にもつながるものと期待している」と市農政課。現段階では委託醸造だが、9月からふるさと納税の返礼品としてラインナップにも加わっている。

世界に通用するワインを

 8月25日は本村市長や森多可示副市長ら市職員が緑区田名の農園を視察。育成の工夫や今後の展開などを、森山代表や栽培を担当する町田誠さんに質問しながら、収穫を間近に控えて成熟したブドウの様子を確認した。森山代表が「5、6年後には世界に通用するワインが作れると思う」と話すと、本村市長は「楽しみ。やりがいがありますね」と応じた。

 視察を終え本村市長は「森山代表の熱意を感じた。相模原から世界に通用するワインをぜひ作っていただきたい」と期待を寄せるとともに、「相模原がワイン特区になったということ、そして、こうして世界にチャレンジしているということを市民の皆さまにも知ってもらい、一緒に応援してもらいたい」と話した。

たわわに実るピノ・ノワール=同上
たわわに実るピノ・ノワール=同上

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

メイプルフリマ開催

メイプルフリマ開催 経済

10月31日(日) 午前10時から

10月21日号

クラシックで秋を優雅に

クラシックで秋を優雅に 文化

27日 ランチタイムコン

10月21日号

市長とまちづくりを語る

市長とまちづくりを語る 社会

10月22日 JCが例会配信

10月21日号

「森の素晴らしさ知って」

「森の素晴らしさ知って」 社会

下草刈りボラ参加者募集

10月21日号

SDGsカルタを寄贈

SDGsカルタを寄贈 社会

 啓発団体が制作

10月21日号

アマゾン探検、延長に

アマゾン探検、延長に 文化

相模川ふれあい科学館

10月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook