さがみはら中央区版 掲載号:2021年12月9日号 エリアトップへ

児童と教員 思い出試合 田名地区で初の野球対決

スポーツ

掲載号:2021年12月9日号

  • LINE
  • hatena
快晴の下、熱戦を繰り広げた「愛のじゃがりこ」と「チームプロテイン」(提供写真)
快晴の下、熱戦を繰り広げた「愛のじゃがりこ」と「チームプロテイン」(提供写真)

 相模川そばの田名青少年広場で11月14日、田名地区の野球チームに所属する小学6年生の児童と、同地区在勤の教員が交流戦を行った。

 同地区では初の試みとなる交流戦。コロナ禍で大会の中止や練習機会が減少など児童の活動が制約される中、「少しでも思い出になれば」と企画された。田名小学校の小泉勇校長率いる教員らが相模原市少年野球協会田名支部(村山健士郎支部長)に対決を申し込み、これを受けた同支部が「水郷田名ミラクルズ」「田名中央インパルス」「田名ブルーコンドルズ」「陽原Jrパイレーツ」の4チームから6年生の児童16人を招集したチーム「愛のじゃがりこ」を結成。田名小学校と田名北小学校の教員総勢18人の「チームプロテイン」を迎え撃った。

 設けられたハンデはホームランラインまでの距離のみという厳しい状況の中、児童たちは懸命に食らいついた。一時は大きくリードを許し、7回表には1対8と突き放されるが、その後7・8回の攻撃で5点ずつを返し着実に差を詰めるなど、白熱した試合が繰り広げられる。

 10対11と児童チームのリードで迎えた9回、教員チームが2点を決め逆転されてしまう。それでもあきらめずに最後の力を振り絞った児童チームがタイムリーヒットを放ち、サヨナラ勝ちを収めた。

 試合を終え、水郷田名ミラクルズの大橋一翔さんは「先生と本気でやり合うことができてよかった」と充実した表情を見せた。小泉校長は「子どもたちが伸び伸びとプレーする姿や、笑顔で喜ぶ姿を見ることができてよかった」とにこやかに話した。

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

「終活」なるほど教室開催中

終活のプロ行政書士によるおひとりさまの終活&エンディングノートの書き方講座

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

相模原駅伝 コロナで中止

「スポーツで地域を熱く」

ニューフェイス

「スポーツで地域を熱く」 スポーツ

広報担当 長澤彩子

1月20日号

22日、ホームでマツダ戦

三菱重工相模原

22日、ホームでマツダ戦 スポーツ

ラグビーリーグワン D2

1月20日号

「ナカムラ」 主催コンが発表

「ナカムラ」 主催コンが発表 文化

金賞に谷口陽和香さん

1月20日号

ヤクルト塩見さんが凱旋

ヤクルト塩見さんが凱旋 スポーツ

海老名リトルで交流

1月20日号

「D2優勝、1年で上へ」

注目選手【2】

「D2優勝、1年で上へ」 スポーツ

新加入 SH岩村昂太

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月13日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook