さがみはら南区版 掲載号:2014年5月29日号 エリアトップへ

相模台水野さん 歯科医院で川柳展 ユーモア五七五「足運びやすく」

掲載号:2014年5月29日号

  • LINE
  • hatena

都内にて6月4日から

 本紙投句コーナー『タケシの万能川柳』でおなじみ、南区相模台在住のコピーライター・水野タケシさんによる川柳作品が、6月4日(水)(虫歯予防デー)から都内の歯科医院内に展示される=上写真。

 川柳が展示されるのは東京都渋谷区にあるデンタルオフィス代々木上原(平岡勇気院長)。同院では「足を運びやすい環境づくり」「歯科診療へのハードルを低くする」などをめざし、PR会社(株)ねこぱんち(東京都港区/満木葉子(みつきようこ)社長)の企画のもと、不定期でアート展示会を開催している。

院長が29句を厳選

 今回は水野さんと”俳句仲間”である満木社長が水野さんに「川柳で何かできないか」と話を持ちかけ、この個展「ハハハの歯。」の開催にいたった。展示される川柳は、平岡院長が水野さんの作品集『水野タケシ三00選』(毎日新聞東京センター)から、お気に入りの29句を選んだ。「痛みより 痛み想像 するつらさ」「会ってすぐ 口臭ガムを くれた友」など、歯科治療にちなんだものを含め、ユーモアたっぷりな作品が展示される。思わず力が抜けそうな五七五は、歯科医院で感じられる独特の緊張感から、解放してくれそうだ。

世界初?

 なお、展示は待合室、診療スペース、トイレ、そしてなんと天井にも。「歯医者さんでの川柳展は日本初、いや世界初では」と水野さん。「笑える川柳による診療前のリラックス効果があれば。また患者さんと先生の会話のきっかけになればいいですね」とも話している。

 展示は7月30日(水)まで。

水野タケシさん/1965年東京生まれ。コピーライター、五七五作家。92年2月毎日新聞「仲畑流万能川柳」初入選を皮切りに多数受賞。10年に万能川柳殿堂入り。13年3月入選し1000句達成。同年8月「水野タケシ三〇〇選」を刊行。96年から「実践!万能川柳講座」(毎日文化センター)の講師を務める。俳句「こふみ会」「五七句会」同人。南区相模台在住
水野タケシさん/1965年東京生まれ。コピーライター、五七五作家。92年2月毎日新聞「仲畑流万能川柳」初入選を皮切りに多数受賞。10年に万能川柳殿堂入り。13年3月入選し1000句達成。同年8月「水野タケシ三〇〇選」を刊行。96年から「実践!万能川柳講座」(毎日文化センター)の講師を務める。俳句「こふみ会」「五七句会」同人。南区相模台在住

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

「市民の誇り」どう醸成

「市民の誇り」どう醸成 社会

シンポジウムで意見交換

1月21日号

新議長に中村昌治氏

相模原市議会

新議長に中村昌治氏 政治

任期途中で異例の交代

1月21日号

コロナ感染防止を啓発

本村市長

コロナ感染防止を啓発 社会

緊急事態宣言発出を受け

1月21日号

工事力で全国トップ3

トータルハウジング久野

工事力で全国トップ3 社会

第9回工務店グランプリ

1月21日号

相模原「ポテンシャル高い」

相模原市出身・冨永愛さんインタビュー(第4回) SDGs

相模原「ポテンシャル高い」 社会

1月21日号

相模原市南区の相模女子大学グリーンホールで成人式

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク