さがみはら南区版 掲載号:2015年4月2日号 エリアトップへ

意見広告 維新・改革で活気あるまちに 石川 いたる

掲載号:2015年4月2日号

  • LINE
  • hatena

 市の人口は2020年頃には減少に転じることが予想され、今後は税収も急速に落ち込んでいくでしょう。

 一方、未来を担う子どもたちのための教育や、政治の目的である福祉のための予算は削ることはできず、社会保障費は増え続けます。少子高齢化社会に即した、少ない予算・職員数で運営できる自治体に構造転換を図る必要があります。

 事業を合理性と効率性で見直し、民間と競合する事業などはできる限り民営化し行政をスリム化して、新しい発想で相模原市を改革することが求められます。

議会改革を

 議員自ら身を削り、襟をただす改革が必要です。議員定数も議員報酬もまだまだ削減の余地はあります。ともに仮に半分にしたとしても十分に機能するはずですし、単純計算でも約3億8千万円の税金節約になります。また、政務活動費は透明化を図るため、月例公開にするべきです。

教育改革を

 教育水準を保ちながら、自治体独自で多様な教育を可能にする地方への権限移譲が望まれます。塾に通わせたい世帯に対し、その使い道に限って毎月一定額の補助金を支給する制度の導入や、地域の有識者や専門家を教育現場に登用し、子どもにふれさせることでその成長を促すような改革をするべきです。

地域力の創生を

 行政主導で行われてきた事業を民間委託し競争を促すことで、雇用・医療・介護・子育て・観光・農業など様ざまな分野で活力が生まれます。TPP交渉の動向を見据え、産業を誘致して雇用を創出するなど、今後、多くの市民がまちづくりに参加することで地域力を創生し、相模原市をより住みやすく、活気あふれるまちに変えていくような維新・改革が必要です。

石川 達

相模原市南区相模台3-2-20

TEL:042-744-1441

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版の意見広告・議会報告最新6

安全・活性化・調和を通して「未来を拓くまちづくり」

全ての子どもと子育て世代を支えていける環境づくり

貧困、生活苦は自己責任ではありません

5%ポイント還元に1人3200円の税金

活動報告

5%ポイント還元に1人3200円の税金

衆議院議員 後藤祐一

2月21日号

希望の党 〜政権交代へ〜

意見広告

希望の党 〜政権交代へ〜

前衆議院議員 ごとう祐一

10月5日号

優しさを、届けます。

意見広告

優しさを、届けます。

自民党神奈川十六区支部長 よしいえ ひろゆき

10月5日号

衆議院選挙区割りが変更

活動報告

衆議院選挙区割りが変更

民進党神奈川県連代表 衆議院議員 後藤祐一

4月27日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク