さがみはら南区版 掲載号:2015年4月2日号 エリアトップへ

相模原市 プレミアム商品券発行へ 8月予定 消費喚起ねらう

社会

掲載号:2015年4月2日号

  • LINE
  • hatena

 相模原市は、経済対策に向けた国の交付金を活用するプレミアム付き商品券の発行を決め、事業費約4億8千万円を2014年度補正予算に盛り込んだ。消費喚起による市内商業の活性化がねらいで、事業を推進する実行委員会を立ち上げ、今年8月をめどに販売を開始する。

 通常の商品券と比べ、割増(プレミアム)分だけ多くの買物ができるプレミアム付き商品券。相模原市では過去3回発行した経緯があるが、いずれも販売開始間もなく売り切れるなど、市民の間で人気が高い。

 今回の発行は、国の緊急経済対策に基づく「地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金」を活用して、市内の消費を喚起し、商業の活性を図る目的で、3月補正予算に計上されたもの。相模原市によれば、商工会議所、商工会、商店街、大規模小売店などで構成される商品券実行委員会を先月30日に立ち上げ、今後、事業の細部を詰めていく予定だ。

過去最高20%のプレミアム

 今回の特徴は20%という高い割増率で、1冊1万2千円分の商品券が1万円で購入できるという点。割増分はすべて交付金で賄われる仕組みだ。販売総額は20億円(1冊1万円で20万冊販売)。1冊中には1千円券が12枚綴られており、発行総額は24億円。

 また、8月の一斉販売に先立って抽選による先行販売も計画する。これは、様々な理由で店頭購入が困難な人などを想定して行うもので、先行販売に限り1冊5千円の綴りを充てる。

 販売予定時期が8月になったことについて市では、事業規模に沿った事務スケジュールや、偽造防止の高い技術を持った印刷所の確保なども勘案したうえで、商業的に低迷する暑い時期の発行が消費喚起に効果的につながるのでは、と話す。使用期限については、年内11月頃まで、年末商戦に突入する前の使い切りを想定する。

 前回2011年のプレミアム(復興支援の義援金として1%)付き商品券では、発行総額16億5千万円に対して、市が算出した経済波及効果は1・12倍の約18億4千万円。今回は発行規模もプレミアム率も前を大きくしのぐことから、市では消費の喚起、商業の活性によりいっそうの期待を寄せる。事業の詳細については、今後ホームページを開設、随時情報を提供していく予定だ。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

「毎日、温かいご飯を」

「毎日、温かいご飯を」 社会

週5日の「 こども食堂」誕生

1月23日号

国内最高峰の大会誘致

自転車ロードレース

国内最高峰の大会誘致 スポーツ

「五輪後のレガシー」実現へ

1月23日号

「読む力の向上を」

学力・学習状況調査

「読む力の向上を」 教育

結果分析 市全体で改善へ

1月16日号

重工、13年ぶりTL参戦

重工、13年ぶりTL参戦 スポーツ

花園でドコモと初陣

1月9日号

令和も大野で新成人祝う

令和も大野で新成人祝う 社会

13日「はたちのつどい」

1月9日号

対話を大切にした市政を

市長インタビュー

対話を大切にした市政を 政治

災害、教育問題に注力

1月1日号

津田桂さん、聖火をつなぐ

幻のモスクワ五輪代表

津田桂さん、聖火をつなぐ スポーツ

40年越し 思いを昇華

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク