さがみはら南区版 掲載号:2016年12月22日号 エリアトップへ

「宇宙×野菜」で新商品 相模女子大 JAと連携

教育

掲載号:2016年12月22日号

  • LINE
  • hatena
プレゼンをする杉山さん
プレゼンをする杉山さん

 相模女子大学(南区文京)が毎年地域の企業と共催で行っている「さがみ発想コンテスト」。6回目となる今回は、今年度、同大と連携協定を結んだ「JA相模原市」が展開する農産物直売所「ベジたべーな」における地産地消のすすめ方をテーマに学生から公募。同大学学芸学部メディア情報学科3年の杉山聡菜さんの『宇宙×野菜をテーマに商品開発「SPACE SAGAMI(仮題)」』がグランプリを受賞した。

 2011年度から毎年行われ、今年で6回目を迎えた同コンテスト。「発想力に富んだ人材の育成」を掲げる同大学ならではの独創的な取組みで、学生の主体性や地域貢献の心を学ぶ狙いがある。

 集まった全109件の応募のうち、審査を通過した6人の企画が12月3日、最終審査会でプレゼンテーションされ、農産物とJAXAを結び付けた杉山さんのアイデアがグランプリを受賞した。

 杉山さんは、ボーノ相模大野内の「サガミックス」で、野菜と一緒に並んでいた「JAXA」のブースを目にし、野菜ペーストの宇宙食を着想した。「家庭でも美味しく食べられる宇宙食」は”発想が新鮮で面白い”と好評を得たという。

 今後この杉山さんが構想した商品は、実現化に向け進めていく予定だという。

 また、準グランプリには、「畑を食べるプロジェクト」(高等部1年T・Aさん)、「地域住民に愛される『出張ベジたべーな ベジトラ』」(学芸学部英語文化コミュニケーション学科3年本間結衣さん)が選出された。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

橋本公園で代替イベント

東京五輪聖火リレー

橋本公園で代替イベント 社会

ランナー87人が集結

6月24日号

今年は開催へ、実行委動く

おださがロードフェスタ

今年は開催へ、実行委動く 文化

新たな仮装イベント企画

6月17日号

高齢者完了へ 対応急ぐ

市ワクチン接種状況

高齢者完了へ 対応急ぐ 社会

12〜64歳 今月から券発送

6月17日号

廃部危機 2人で越えた

大野台中ソフト部

廃部危機 2人で越えた 教育

星野さん・中村さん 最後の夏

6月10日号

新監督に高木琢也氏

SC相模原

新監督に高木琢也氏 スポーツ

「J2残留が目標」

6月10日号

高齢者向けパズル開発

区内企業HAPPYカイゴ

高齢者向けパズル開発 社会

認知症者が楽しむ仕掛け

6月3日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter