さがみはら南区版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

稲本選手、児童の夢後押し 東林小学校で講演会

スポーツ

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena
自身の経験から夢について語る稲本選手=7日、東林小学校
自身の経験から夢について語る稲本選手=7日、東林小学校

 地元サッカークラブ・SC相模原所属の稲本潤一選手、ジョン・ガブリエル選手、梶山幹太選手が7日、東林小学校で講演した。これは6月15日(土)の相模原市民デーの周知を兼ね、児童らが将来について考える機会になればと同クラブが開催。4年から6年の児童と、保護者らが参加した。

 はじめに児童とリフティングを楽しんだ後、選手らは夢を叶えるために努力したことや困難な状況の乗り越え方などについて講演。稲本選手は「思い通りにいかないことがあるから人は成長する。挫折だと感じることも違う角度で考えると成長につながる」とアドバイスを送った。質問コーナーでは、サッカーから好きな動物まで、児童らの興味関心に1人ずつ答えた。

 講演会終了後、サッカーを習っているという大島康珠君(6年)は、「2万人に1人しかプロになれないという話に驚いた。自分もサッカー選手になれるように、もっと練習を頑張りたい」と話した。

 相模原ギオンスタジアムで行われる6月15日のガンバ大阪U-23との試合は「相模原市民デー」で、先着1千人は無料で観戦が可能。申込みは同クラブHPから。

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

「共に乗り越えよう!」

【Web限定記事】女子サッカー・ノジマステラ

「共に乗り越えよう!」 社会

連帯感高める動画制作

5月21日号

三畑さんが直接指導

【Web限定記事】ミハタスポーツセンター

三畑さんが直接指導 スポーツ

小中学生の運動不足解消へ

5月21日号

SC相模原がマスク寄贈

SC相模原がマスク寄贈 社会

市に2500枚

5月21日号

選手が大凧まつりを紹介

【Web限定記事】ノジマステラ神奈川相模原

選手が大凧まつりを紹介 文化

歴史など学ぶ動画制作

5月21日号

5月31日まで閉鎖延長

大規模公園の駐車場

5月31日まで閉鎖延長 社会

5月14日号

フェイスシールドを寄贈

桜台小嘉手納さん

フェイスシールドを寄贈 教育

200個を手作り

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク