さがみはら南区版 掲載号:2019年7月18日号 エリアトップへ

5人で魅せた「青陵魂」 “最後”のチア部 全国へ

スポーツ

掲載号:2019年7月18日号

  • LINE
  • hatena
関東大会の演技を終え笑顔を見せる青陵高校チアダンス部(左から大川さん、秋元さん、卓島さん、小島さん、市川さん)
関東大会の演技を終え笑顔を見せる青陵高校チアダンス部(左から大川さん、秋元さん、卓島さん、小島さん、市川さん)

 弥栄高校との統合により、2020年春にその歴史に幕を下ろす相模原青陵高校(杉山肇校長)のチアダンス部が関東大会を勝ち抜き、大阪で行われる全国大会へ出場する。現在、同校には3年生しか在籍しておらず、部員数はわずか5人。全員の力でつかんだ全国切符に、部員たちは「青陵高校の名前を少しでも広めたい」と意気込んでいる。

 同部に所属するのは部長の小島里菜さん、副部長の秋元瑠南さん、そして大川麻来さん、卓島未来さん、市川彩水さんの5人。彼女たちは6月27日に八王子市で開かれた「全国高等学校ダンスドリル選手権大会2019関東地区大会」のソングリーダー部門スモール編成(10人以下)に出場。19チームで全国出場の7枠を争い、5人の力で見事6位入賞を果たした。

内容の濃い1カ月

 昨夏に当時の3年生が引退した後は2年生だけで活動してきた同部。専門のコーチも月に数回しか顔を出せず、今大会用の振付が決定したのは本番直前の5月。小島部長は「今までで一番焦った大会でした」と振り返る。

 全国に進めなければ、その時点で引退。朝練の開始時間を早め、午後も「できるまでやる」を合言葉に、休み返上で練習に明け暮れた。また、今春に卒業した先輩も朝練に駆け付け、指導にあたってくれたという。

 同部が練習する武道場には、色とりどりの付箋が貼られている。気づいたことや注意点、意気込みなどを各々が書き込み、全員で共有できるようにした。「できると思ったらできる!」「絶対5人で全国へ」「着地の際の足とじ」「今を大切に」…、その数は壁一面を覆うほど。「これでまとまった部分もある。やって良かった」と部員らは笑顔で話す。

 全国高等学校ダンスドリル選手権大会は8月10日(土)・11日(日)に丸善インテックアリーナ大阪(大阪市港区)で開催される。「最後に全国に出場できて、全員の自信になった。皆さんに応援してもらえるよう、5人らしい演技をしてきます」と小島部長は話している。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

SDGsフェス初開催

相模原JC

SDGsフェス初開催 文化

機運醸成へ 表彰や討論会

9月19日号

日本代表 大画面で応援

日本代表 大画面で応援 スポーツ

ラグビーW杯 大野でPV

9月19日号

世界大会で3連覇

ダブルダッチREG STYLE

世界大会で3連覇 スポーツ

区内在住・前田さん所属

9月12日号

SDGs推進へ 研修強化

相模原市

SDGs推進へ 研修強化 文化

職員啓発で、普及後押し

9月5日号

清川村と包括協定

相模女子大

清川村と包括協定 社会

商品の共同開発も加速

9月5日号

愛着醸成、SDGs推進へ

市9月補正予算案

愛着醸成、SDGs推進へ 社会

12億計上 市長公約を反映

8月29日号

なるか、リーグ初優勝

ノジマステラ神奈川相模原

なるか、リーグ初優勝 スポーツ

31日から後半戦

8月29日号

あっとほーむデスク

  • 9月12日0:00更新

  • 8月29日0:00更新

  • 7月25日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク