さがみはら南区版 掲載号:2019年11月7日号 エリアトップへ

マジシャンで区内のイベントに多く出演する TOMOYAさん(本名:佐藤 智哉さん) 松が枝町在住 29歳

掲載号:2019年11月7日号

  • LINE
  • hatena

  ○…「何度見ても分からない」「お願い、もう1回」。掌からあるはずのないコインが出現し、目を丸くする観客。「非日常の時間を提供するプロのマジシャンを夢見て、腕を磨いてきました」。生まれ育った街「おださが」の片隅に佇むマジックバー「GIFT」の店長を務め、地元のイベントにも精力的に出演する。

 ○…中学2年の頃テレビで見たカードマジックが夢の原点。習得した技を学校で披露するムードメーカーだったが、高2の夏、突如として不眠と被害妄想に悩まされるように。通学も難しくなり、やむを得ず向かった病院での診断結果は「統合失調症」。表向きは健康であるが故に理解されにくい症状はストレスを生み、薬の過剰摂取や自傷行為に及んだ時期もあった。都内のマジシャンに弟子入りするも、症状が悪化し断念。しかし夢を諦めきれず、精神障害の自分と向き合いながら独学で練習を積んだ。その努力が認められ、次第に飲食店でマジックを披露する機会も増えていった。

 ○…2014年、縁あって「GIFT」の店長に。「8坪の小さな店でここまで続けてこられた。人とのつながりによってこの場所に立てている。感謝しています」。私生活では、猛プッシュの末に結ばれた夫人と今年入籍。9月には開店後初の長期休暇をとり、新婚旅行で少年時代からの憧れの地、スペインを訪れた。

 ○…現在は症状も落ち着き、障害者の就労を支援する一般社団法人ラフレックスの一員として自身の店を事業所の1つとしている。「障害は、人によって様々なんだと知ってもらい、誰でも気軽に話せて楽しめる街にしたい。そんな想いで続ける活動が、大好きな街への恩返しになれば」
 

さがみはら南区版の人物風土記最新6

甲斐田 博高さん

70歳を過ぎても市内の小学校で担任を持ち教壇に立ち続ける

甲斐田 博高さん

下溝在住 71歳

10月29日号

石井 茂さん

2020年度の消防庁長官表彰を受けた

石井 茂さん

中央区東淵野辺在住 59歳

10月22日号

磯野 正彦さん

9月に相模原南警察署の署長に就任した

磯野 正彦さん

相模大野在住 58歳

10月15日号

萩原 真澄さん

神奈川県畳工業協同組合相模原支部の支部長についた

萩原 真澄さん

中央区高根在住 57歳

10月8日号

浅利 昌男さん

学校法人麻布獣医学園の第16代理事長に就任した

浅利 昌男さん

町田市在住 68歳

9月24日号

江成 二郎さん

相模原市商店連合会の会長に就任した

江成 二郎さん

中央区中央在住 63歳

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク