さがみはら南区版 掲載号:2020年1月23日号 エリアトップへ

「毎日、温かいご飯を」 週5日の「 こども食堂」誕生

社会

掲載号:2020年1月23日号

  • LINE
  • hatena
食事の前には勉強のボランティアも行っている
食事の前には勉強のボランティアも行っている

 「温かい食事と居場所を毎日、子どもたちに提供したい」。そんな思いから相模大野で活動する団体がある。相模大野子ども支援実行委員会。昨年11月に食事と学習を支援する「てらこや食堂ラッキーズ」をオープンし、月曜から金曜の夕方4時半から7時まで無料で門戸を開いている。

 相模大野子ども支援実行委員会は、相模大野で長年にわたり美容師として働く石井とし子さん(78)が発起人。テレビでふと目にした子どもの貧困問題に心を動かされ、「コツコツと積み立ててきたお金を、地元と子どもたちのために役立てたい」と考えた。そこで、楽しい時間を過ごせる「こども食堂」の設立を企画。昨年2月頃から準備に着手した。

 こだわったのは毎日の開催。「いつでも安定して、食事を提供できないと意味がない気がして」と笑う石井さん。そのこだわりを実現するため、相模大野駅から徒歩7分の場所に一軒家を借りた。食事だけでなく勉強の支援もしたいと、無料塾も併設することにした。また、将来まで継続していくことが重要と考え、市の後援も取り付け、NPO法人取得の準備も進めてきた。

 そうして昨年11月、食事代も含めて参加費無料の「てらこや食堂ラッキーズ」が誕生した。スタッフはすべてボランティア。勉強担当、調理担当とも7〜8人が協力している。子どもたちは事前登録が必要で、現在は小学3年生から中学3年生まで、4人が通っているそうだ。「将来的には支援を必要としている子どもたちのため、10人位の規模まで広げていきたい」と同実行委員会。

 現在も子どもたちのほか、学習支援、調理支援のボランティアを募集している。問合せ・登録の申し込みは【携帯電話】090・2324・3394へ。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

神奈川制し、全国へ

鶴の原ヤングノーブルズ

神奈川制し、全国へ スポーツ

ティーボール大会で

12月2日号

市、コロナ対策を見直し

市、コロナ対策を見直し 文化

感染者減少も警戒継続

12月2日号

大型物流施設 市民に開放

大型物流施設 市民に開放 文化

「地域共生」に注力

11月25日号

ワクチン3回目接種が柱

相模原市12月補正予算案

ワクチン3回目接種が柱 経済

一般会計、総額約68億円

11月18日号

男子が25年ぶり栄冠

東海大相模陸上競技部

男子が25年ぶり栄冠 スポーツ

県高校駅伝大会

11月18日号

住民楽しませる花道を

大野小3年生

住民楽しませる花道を コミュニティ教育

球根植え、来春に開花

11月11日号

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook