さがみはら南区版 掲載号:2020年1月23日号 エリアトップへ

「毎日、温かいご飯を」 週5日の「 こども食堂」誕生

社会

掲載号:2020年1月23日号

  • LINE
  • hatena
食事の前には勉強のボランティアも行っている
食事の前には勉強のボランティアも行っている

 「温かい食事と居場所を毎日、子どもたちに提供したい」。そんな思いから相模大野で活動する団体がある。相模大野子ども支援実行委員会。昨年11月に食事と学習を支援する「てらこや食堂ラッキーズ」をオープンし、月曜から金曜の夕方4時半から7時まで無料で門戸を開いている。

 相模大野子ども支援実行委員会は、相模大野で長年にわたり美容師として働く石井とし子さん(78)が発起人。テレビでふと目にした子どもの貧困問題に心を動かされ、「コツコツと積み立ててきたお金を、地元と子どもたちのために役立てたい」と考えた。そこで、楽しい時間を過ごせる「こども食堂」の設立を企画。昨年2月頃から準備に着手した。

 こだわったのは毎日の開催。「いつでも安定して、食事を提供できないと意味がない気がして」と笑う石井さん。そのこだわりを実現するため、相模大野駅から徒歩7分の場所に一軒家を借りた。食事だけでなく勉強の支援もしたいと、無料塾も併設することにした。また、将来まで継続していくことが重要と考え、市の後援も取り付け、NPO法人取得の準備も進めてきた。

 そうして昨年11月、食事代も含めて参加費無料の「てらこや食堂ラッキーズ」が誕生した。スタッフはすべてボランティア。勉強担当、調理担当とも7〜8人が協力している。子どもたちは事前登録が必要で、現在は小学3年生から中学3年生まで、4人が通っているそうだ。「将来的には支援を必要としている子どもたちのため、10人位の規模まで広げていきたい」と同実行委員会。

 現在も子どもたちのほか、学習支援、調理支援のボランティアを募集している。問合せ・登録の申し込みは【携帯電話】090・2324・3394へ。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

「パートナー制度」導入へ

相模原市

「パートナー制度」導入へ 社会

性的少数者への理解促進

3月26日号

新型コロナ対策に1億円

市3月補正予算

新型コロナ対策に1億円 社会

PCR検査拡充など想定

3月26日号

記念ロゴマーク完成

南区誕生10周年

記念ロゴマーク完成 社会

女子美・山田さんデザイン

3月19日号

市にマスク2,000枚

市にマスク2,000枚 社会

相模女子大学が寄贈

3月19日号

青陵高校 最後の卒業式

青陵高校 最後の卒業式 教育

10年の歴史に幕

3月12日号

民間発 広がる支援の輪

新型コロナ

民間発 広がる支援の輪 社会

市内企業が独自対策

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク