さがみはら南区版 掲載号:2020年2月20日号 エリアトップへ

谷口台小 学習の成果 ボーノで発表 1日限定「蚕の博物館」

教育

掲載号:2020年2月20日号

  • LINE
  • hatena
(上)養蚕農家の道具を手作りのパネルで説明(右)来場者の呼び込みも児童が担当した
(上)養蚕農家の道具を手作りのパネルで説明(右)来場者の呼び込みも児童が担当した

 相模原市立谷口台小学校(西山俊彦校長)の4年生が2月14日、総合的な学習の時間に学んだ「桑と蚕」に関する発表を行うため、ボーノ相模大野のボーノウォークで、1日限りの「学びの博物館」を開催した。

 2020年に創立70年を迎える同小学校。4年生が総合的な学習の時間を使って70年前の地図を調べるうちに、自分たちが住んでいる地域に多くの桑畑があったことに気が付いた。「なんのために?」、その疑問を紐解いていくと、相模原市で以前、「養蚕」が広く行われていたことを知った。興味を持った子どもたちは、「蚕と桑」について1年をかけて調べていくことにした。

 次に行ったのは蚕の飼育。当初は嫌がる声もあったが、週末は家に持ち帰るなど一人2〜3頭の世話をした。地域の人から分けてもらった桑の葉を餌として与えたり、糞の片づけをしたりしながら、蚕の生態を学習。成長して繭になった時には、繭から糸を取る方法や道具などについても知識を深めていった。

 「地域の人にも蚕や桑、相模大野の歴史などを知ってもらいたい」。そんな声が児童から上がったことを受け、校外での学習発表を模索。ボーノに協力をお願いし、多方面の協力もあり実施にこぎつけた。

 博物館のタイトルは「蚕と桑でつながる学びの博物館〜相模大野をもっとすきになろう!」。これまで学んだ成果を発表するため、37のグループに分かれて「養蚕農家の工夫」「蚕の体の仕組み」「糸取り体験」などのブースを出展。伝える手段も、紙芝居やクイズ、ジオラマ展示など趣向を凝らした。

 受付で配布するプログラムも児童が作成。来場を促すために、大きな声を出して呼び込みも行った。来場者に対しては、手作りのパネルを用いて丁寧に説明するなど、会場には活気あふれる児童の声が響いていた。

 西山校長は「まさに総合的な学習。児童も教員も、多くのことを学べる良い機会になった」と笑顔で話していた。

蚕に関する紙芝居も披露
蚕に関する紙芝居も披露

さがみはら南区版のトップニュース最新6

61施設の使用料改定

相模原市

61施設の使用料改定 社会

スポーツ広場が有料化へ

4月2日号

「パートナー制度」導入へ

相模原市

「パートナー制度」導入へ 社会

性的少数者への理解促進

3月26日号

新型コロナ対策に1億円

市3月補正予算

新型コロナ対策に1億円 社会

PCR検査拡充など想定

3月26日号

記念ロゴマーク完成

南区誕生10周年

記念ロゴマーク完成 社会

女子美・山田さんデザイン

3月19日号

市にマスク2,000枚

市にマスク2,000枚 社会

相模女子大学が寄贈

3月19日号

民間発 広がる支援の輪

新型コロナ

民間発 広がる支援の輪 社会

市内企業が独自対策

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク