さがみはら南区版 掲載号:2020年3月26日号 エリアトップへ

(PR)

「青陵魂」は永遠に

掲載号:2020年3月26日号

  • LINE
  • hatena

 相武台高校と新磯高校の再編・統合により、2010年4月1日に新磯野の地で産声を上げた相模原青陵高校。これまでに2300人以上の卒業生を送り出し、地域からも愛されてきた同高が、今度は弥栄高校との再編・統合により20年3月31日をもって完校を迎える。「疾風怒濤」の如き歩みを辿った、同高について振り返る。

 単位制による全日制普通科高校として、「超え出ることの真理」を理念に掲げ、船出を迎えた相模原青陵高校。自己を表現できる生徒の育成、多文化共生教育の推進、地域との連携などに力を注いできた。生徒が「新たな歴史を作る」べく主体となって活動。学校の愛称である「SORA」やスクールキャラクター「そらちゃん」、シンボルマークや校歌の歌詞も自らの手で生み出した。

 特色のある授業も同高の魅力。「創作と表現」「情報とコミュニケーション」「多言語と多文化社会」など5つの「系」に分かれた選択科目が用意され、生徒は自分の興味や関心に応じて選択し、自分の夢の実現に役立ててきた。ダンスアンサンブル、映像作品の自主制作、Webページのデザイン、保育や福祉の現場での実習…、卒業生が多様な進路を選ぶ指針となった。

 学校行事にも全力で取り組むのが青陵高校の特徴。新入生オリエンテーションにはじまり、体育祭、文化祭、マラソン大会、表現活動成果発表会「紺碧の旗の下に」など、思い出に残るイベントが多かった。部活動でも輝かしい成果を残した。特にボクシング部の井上尚弥選手は数々の大会で優勝し、青陵の名を全国区に押し上げた。

 しかし、16年1月に県教育委員会が発表した県立高校改革実施計画により、20年3月に弥栄高校と統合されることが決定。現在の相模原青陵高校は、その歴史に幕を下ろすこととなった。

 今年2月には2つの完校記念行事が行われ、在校生・卒業生の垣根なく「オール青陵」の一体感を余すことなく体現してみせた。その式典でも紹介され、来場者の涙を誘ったある生徒会役員の言葉を最後に紹介する。「私が生徒会に入ったのは、みんなに青陵高校を統合させたのは間違いだったと思わせたいからです」
 

◆以下の画像をクリックかタップするとPDFが開きます。

seiryo.jpg

さがみはら南区版のピックアップ(PR)最新6

足のだるさ、ウィズコロナ時代に悪化する「下肢静脈瘤」

新規開院

足のだるさ、ウィズコロナ時代に悪化する「下肢静脈瘤」

相模原町田血管外科クリニック

10月22日号

「居心地の舞台裏」お見せします

事前予約制

「居心地の舞台裏」お見せします

(株)内田材木店が構造・断熱見学会

10月22日号

国・県・市の行政相談所

国・県・市の行政相談所

11月18日、ユニコムプラザで

10月22日号

「予防接種、はじめました」

インフルエンザに注意が必要

「予防接種、はじめました」

パークスクエアクリニック

10月15日号

中央林間支店で年利0・18%上乗せ

スルガ銀行

中央林間支店で年利0・18%上乗せ

50周年の感謝を込めて 12月30日まで実施中

10月15日号

風疹と妊娠

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

風疹と妊娠

三成会 新百合ヶ丘総合病院

10月8日号

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク