さがみはら南区版 掲載号:2020年8月13日号 エリアトップへ

戦後75年 麻溝台に残る「満州の悲劇」 加藤長治さんの残した歌碑

社会

掲載号:2020年8月13日号

  • LINE
  • hatena
顕正寺に建てられている歌碑
顕正寺に建てられている歌碑

 終戦から75年を迎えた今年。戦時を知る人も少なくなり、戦争の記憶は薄れつつある。しかし戦時中、日本が国策として実施し、最終的に大きな犠牲を出した「満州開拓移民」に、相模原が深く関わっているのをご存じだろうか。

 区内麻溝台の源悟山顕正寺。墓地の一角にひとつの歌碑が建っている。

 「阿夫利峯に 照る夕つ陽や 赤あかと 燃やしつづけし 夢よ一代」

 詠み人は2004年に89歳の生涯を閉じた加藤長治さん。町議会、市議会議員を40年務めあげるなど、幅広い分野で活躍。名士と呼ぶにふさわしい経歴だが、その裏には多大な苦労と悲しみがあったとされている。

家族、仲間のため

 津久井郡青根村出身の加藤さんは、「満州開拓移民」の一員として、家族と共に満州に渡った。最終的には青根村と青野原から300人以上が満州で開拓にあたったという。しかし、戦況が悪化すると、開拓団員の中から青壮年の男性が軍に根こそぎ召集された。加藤さんも関東軍に召集され、南方に派遣。最終的には済州島で終戦を迎えることになった。

 その後は運よく、出征先からいち早く帰国。11月に郷里を訪ねると、団員はまだ一人も帰国していなかった。「今後引き揚げてくる家族や仲間のため、生活基盤を作っておきたい」、そう考えた加藤さんは、開拓団送り出しの責任者である県に働き掛け、入植地探しに奔走。紹介されたのが相模原にあった旧陸軍の練兵場地跡の開墾、現在の麻溝台周辺だった。

想いは届かず

 満州から帰国する人のため、中心となって開墾事業にあたった加藤さん。労働争議などの困難を乗り越え、麻溝台を一大開拓地とし、当時としては画期的だった「麻溝台開拓農業協同組合」の設立にも尽力した。

 しかし、多くの移民団は帰国しても、自身の家族は一人も帰ってこない。そこでもたらされたのは、家族全員死亡の報だった。

 先述の歌碑の隣には加藤家の墓碑がある。そこには加藤さんの妻と2人の息子、兄・喜三郎さんの家族6人、兄・晴之さんの家族5人の名前が刻まれている。しかし、日にちは刻まれておらず、戒名もない。もちろん遺骨もないとされる。

 生前の加藤さんと親交があった郷土史家の山田真也さんは「心情を察すると言葉にならない。残してくれた歌碑と墓碑から読み解ける、満州での悲劇を私たちも忘れないようにしたい」と話す。青少年義勇軍を含む満州開拓移民の総数は27万人とも32万人ともされるが、日本に帰国できたのは11万人あまりだった。
 

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

天皇杯、北九州に勝利

SC相模原

天皇杯、北九州に勝利 スポーツ

初出場で3回戦へ

6月17日号

SC相模原後援会が設立

SC相模原後援会が設立 スポーツ

会長に本村市長

6月17日号

救急活動 支え続けて

救急活動 支え続けて 社会

実働50年 アルミの弁当箱

6月17日号

永田屋が就職人気企業に

永田屋が就職人気企業に 経済

独自の取組みが評価

6月17日号

夏の熱戦 組み合わせ決定

高校野球神奈川大会

夏の熱戦 組み合わせ決定 スポーツ

7月10日開幕、開会式はなし

6月17日号

「共同体」を考える

「共同体」を考える 教育

20日 相模大野でセミナー

6月17日号

全国展開だから安心査定

ただいま査定額1.4倍!実施中です。

http://r-hibarigaoka.otakaraya.net/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter