さがみはら南区版 掲載号:2021年4月29日号 エリアトップへ

4氏が厚生労働大臣表彰 社会福祉功労者 市長に報告

社会

掲載号:2021年4月29日号

  • LINE
  • hatena
本村市長と記念撮影する坂本さん(上)浅見さん(下)
本村市長と記念撮影する坂本さん(上)浅見さん(下)

 社会福祉功労者に対する令和2年度の厚生労働大臣表彰を受賞した4人が4月21日に市役所を訪れ、本村賢太郎市長に受賞の報告を行った。社会福祉事業従事者の受賞者らは、喜びと感謝の気持ちを話した。

 受賞したのは、社会福祉法人たちばな福祉会(南台)理事長の坂本堯則さん、社会福祉法人喜楽会(下溝)の職員・浅見美智子さん、社会福祉法人たかみ友愛会友愛保育園(中央区水郷田名)の保育士・大谷保恵さん、社会福祉法人さがみ愛育会幼保連携認定こども園すこやか(中央区横山)の保育教諭・郷美代さんの4人。

 それぞれ原則20年以上にわたり業務に携わり、社会福祉事業の発展に功績があることから表彰された。例年は全国社会福祉大会で表彰式が行われているが、新型コロナウイルス感染症の影響により中止となった。

南区の施設から2人

 坂本さんは社会福祉事業関係団体の役員等として、受賞時点で23年6カ月の間、社会福祉事業の発展に貢献し受賞。保育園やデイサービスなどを運営するたちばな福祉会の本部長兼理事長を務めている。

 坂本さんは「(妻の)父が保育園に携わっていたことがきっかけで、この仕事をしている。結婚してから始めたが、法人化してから23年、行政や地域の方の支援があって続けてこられた」と感謝の気持ちを述べた。本村市長は「保育園の子どもから年配の方まで地域に愛されている。経営者として、これからも頑張ってほしい」と話した。

 喜楽会の浅見さんは、社会福祉事業従事者として、受賞時点で24年2カ月の間、業務に励んだとして受賞。日頃から施設の利用者目線で自立支援を行うことで、利用者家族の労力を軽減し地域福祉の担い手として活躍している点が評価された。

 本村市長は「長い間、仕事に従事してこられて大変感謝しています」と功績をねぎらった。浅見さんは「受賞の知らせを聞いた時は、まさか私がいただけるなんてと驚きました。表彰にはとても感謝しています」と話し、長年勤めてきた仕事のやりがいは「利用者の方からの『ありがとう』の一言です」と語った。
 

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチン接種の詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

ワクチン接種 円滑に

相模原市4月補正予算

ワクチン接種 円滑に 政治

総額22億8400万円

5月7日号

6年振り「相武ダービー」

SC相模原

6年振り「相武ダービー」 スポーツ

9日ホーム 町田迎え撃つ

5月7日号

4氏が厚生労働大臣表彰

4氏が厚生労働大臣表彰 社会

社会福祉功労者 市長に報告

4月29日号

「相模原愛」醸成へ条例制定

「相模原愛」醸成へ条例制定 社会

全国初 市「魅力発信を強化」

4月29日号

目標は「春夏連覇」

東海大相模

目標は「春夏連覇」 スポーツ

センバツ優勝を市に報告

4月22日号

連休「家で花火を楽しんで」

連休「家で花火を楽しんで」 文化

全国一斉、市内は3日・5日

4月22日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter