さがみはら南区版 掲載号:2021年6月17日号 エリアトップへ

市ワクチン接種状況 高齢者完了へ 対応急ぐ 12〜64歳 今月から券発送

社会

掲載号:2021年6月17日号

  • LINE
  • hatena

 65歳以上の高齢者を対象とした新型コロナワクチンの優先接種について相模原市は、国が示す7月中の完了をめざして接種の加速化を図る。対象となる約19万6000人分のワクチンは7月上旬にも全て市に供給される見通しで、集団接種会場の拡大やコールセンターの回線増設に加え、ワクチン接種推進課を新設するなど体制の強化を進めている。

 6月13日時点で65歳以上の市内高齢者のワクチン接種率は1回目の完了が約24・4%(47894人)、2回目が約2・8%(5489人)。市は65歳から74歳までの高齢者に向けて順次クーポン券(接種券)を発送中で、接種は72歳から74歳までが6月21日(月)から、69歳から71歳までが28日(月)から、65歳から68歳までが7月5日(月)からそれぞれ開始する。

 臨時の集団接種会場も増設。旧相模原協同病院(緑区)、グッディプレイス相模原3階(中央)、相模女子大学内のマーガレットホールと茜館(南区)が新たに加わる。接種を実施する期間は旧相模原協同病院とグッディプレイス相模原が6月21日(月)から7月31日(土)までの毎日で、相模女子大学は1回目の接種が6月26日(土)・27日(日)・7月3日(土)・4日(日)。2回目が7月17日(土)・18日(日)・24日(土)・25日(日)。

 加えて、予約や相談、問い合わせを受け付けるコールセンター(【電話】042・767・2101/【電話】050・5445・4357)については、60回線で運用しているところ、6月17日(木)から100回線に増設。電話がつながりにくい現状の改善を図る。

 なお、65歳以上の高齢者への優先接種以降は、高齢者施設などの従事者、基礎疾患のある人、その他の市民へ順次対象者を拡大。満12歳から64歳までの約47万人に向けて、6月下旬からクーポン券(接種券)を発送する予定で、予約開始日や接種を実施する時期は決まり次第、市の広報やホームページを通じて発表される。

「接種推進課」を設置

 市はワクチン接種業務に迅速に対応するため、組織再編し、6月11日付で新たに「新型コロナウイルスワクチン接種推進課」を設置した。これまでは市疾病対策課内に置かれた「新型コロナウイルスワクチン接種班」が業務を担っていたが、同課から分離して課に格上げとなった。これによって従来の1班体制から、予約システムや今後の接種スケジュールの管理、会場の増設を行う「総務調整班」、接種の実施・調整役となる「集団接種班」と「個別・訪問接種班」の3班を新設課内に整備。業務を整理し、より効率的に接種を実施したい考えで、今後さらに集団接種会場の増設や個別会場での1日あたりの接種回数を増やすなど、調整を進めていく。

 同課の有本秀美課長は「ワクチンの接種を希望する方は全員受けられるように供給されています。市も接種を早められるように取り組んでいきますので、焦らずお待ちください」と呼びかけている。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

沖縄への思いそれぞれ

沖縄への思いそれぞれ 社会

返還50年、出身者に聞く

5月19日号

3年ぶりに有観客レース

ツアーオブジャパン

3年ぶりに有観客レース スポーツ

5月21日 市内を滑走

5月19日号

ステラ10周年切手を制作

日本郵便南関東支社

ステラ10周年切手を制作 スポーツ

NFPで贈呈式

5月12日号

南区から1人・1団体

春の褒章

南区から1人・1団体 社会

市内では2者のみ

5月12日号

障害児招きサッカー交流

ノジマステラ

障害児招きサッカー交流 コミュニティスポーツ

2度目のアクションデイ

5月5日号

12年で約2600人減

南区子どもの人口

12年で約2600人減 社会

3区の中では減少幅最小

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook