さがみはら南区版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

磯部在住多賀純一さん パラグライダーで頂点 JHF日本ランク1位に

スポーツ

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena
記念品を手に笑顔の多賀さん
記念品を手に笑顔の多賀さん

 スポーツ用に開発された滑空性能をもつ四角いパラシュートを地上で開き、斜面を利用して滑空しようという発想から産まれたスカイスポーツ「パラグライダー」。日本ハング・パラグライディング連盟(JHF)が主催する同競技のジャパンリーグにおいて、南区磯部在住の多賀純一さん(55)が、2021年日本ランキングで1位を獲得した。

 多賀さんの行っているパラグライダー競技は スピードレースと呼ばれるもの。大会の主催者がその日の気象情報などをもとにタスク(フライトするコース)を設定し、ターンポイントを通過しながら、いかに早くゴールするかを競いあう。

 通常のフライト距離は20〜30Kmだが、長いものでは100Kmを超えるものもある。大会は複数日開催され、期間中の各タスクの総合順位で優勝者が決定する。

 2021年はJHF主催で7大会が予定されていたが、コロナ下による緊急事態宣言の発出もあり3試合が中止に。多賀さんは開催された4大会全てに出場した。初戦のスカイグランプリinASHIO(茨城県石岡市)は37位、尾神カップ(新潟県上越市)も13位と出遅れたものの、10月のAUTUMNスカイグランプリinASHIO(茨城県石岡市)で4位、最終戦となった12月のスカイグランプリinASAGIRI(静岡県富士宮市)で総合優勝を果たし、上位2大会のリザルトにより年間ランキング1位に輝いた。

大空を飛ぶ快感多賀さん パラで日本一

 多賀さんがパラグライダーを始めたのは20歳の頃。たまたまテレビで目にした講座に興味を持ち、箱根にあったスクールに入会した。当初は競技ではなくレクリエーション目的だったが、2010年から本格的に大会に参戦。日本選手権で2位になるなど、着実に成績を伸ばしてきた。

 11年間にわたる競技生活で、過去最高の日本ランキングは4位。それだけに「まだ実感が湧かない」と総合1位に輝いた昨年を感慨深げに語る。

 パラグライダーの魅力については「動きが立体的で、自由度が高い」と話す多賀さん。実は高い所があまり好きではないそうだが、上昇気流に乗れば高度は3千メートルを越えることも。鷹や鳶と一緒に空を飛ぶこともある。「自然と一体化でき、空を飛ぶという願望が叶えられるのもいいね」と笑う。

 年齢を重ねても続けられるのが同競技の特徴で、70代で現役の選手も多いとか。「ほどほどの体力があればできるし、気象を読む経験値がものをいう部分もある。年齢を重ねても楽しめる」。次の目標は「日本選手権で1位を取ること」。今年の初戦は和歌山県で3月に予定されている。

大空を飛ぶ多賀さん。編隊飛行もパラの魅力
大空を飛ぶ多賀さん。編隊飛行もパラの魅力

相模原市から大切なおしらせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

新磯小 130周年祝い桜

新磯小 130周年祝い桜 教育

校庭に植樹

5月26日号

沖縄への思いそれぞれ

沖縄への思いそれぞれ 社会

返還50年、出身者に聞く

5月19日号

3年ぶりに有観客レース

ツアーオブジャパン

3年ぶりに有観客レース スポーツ

5月21日 市内を滑走

5月19日号

ステラ10周年切手を制作

日本郵便南関東支社

ステラ10周年切手を制作 スポーツ

NFPで贈呈式

5月12日号

南区から1人・1団体

春の褒章

南区から1人・1団体 社会

市内では2者のみ

5月12日号

12年で約2600人減

南区子どもの人口

12年で約2600人減 社会

3区の中では減少幅最小

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook